FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018.12.14

北海道

私事ですが、先日妹が出場する全国合唱コンクールを見に
家族で北海道へ行ってきました!

実は昨年、高校生としても全国大会に出場していたのですが
今年は大学一年生。まさか二年連続で全国の舞台に立てるとは…!

大学生になっても合唱を続けてきた彼女にとっては
またとない最高の舞台だったのでしょう…

全国から選ばれた合唱団だけが立てる、きらきらとした舞台。
その舞台に立つ妹が本当にまぶしくて、
家族として、姉として、心の底から誇りに思えたのでした。


さて、その北海道はまだ11月というのに雪、雪、雪…!!

この前日に今シーズン初の積雪があったとのこと。
日中の日差しでは溶けきらなかったものが夜の寒さで凍ってしまい、
道路はつるつるでした。

道行く人も滑ってしまう人がちらほら…
(中にはヒールを履いたお姉さんもたくさんいてびっくりしました)

怖いな~と横を見ると、
「こけらんでよ!恥ずかしい!」と母に言われている父。
なんだか、今にも滑ってしまいそうな勢い…

見兼ねてタクシーを使って安全に行くことにしました。

タクシーに乗ると、タイヤがぎゅるんぎゅるんと滑り、
ハンドルがとられそうなほどであることがペーパードライバーの私でも分かります…!

「この道が運転できないと、北海道民ではないですよ」と運転手さん。



私の地元も雪はかなり降るのですが、母が

「タイヤにチェーンは付けないんですか?」と訪ねると

「チェーン付けて走るとね、不安なら運転しなきゃいいのに…
って思われちゃうんですよ。」

と苦笑しながらおっしゃっていました。


(北海道では生きていけない…!)

そう思った親子でした…

しかし北海道は、おいしいモノもきれいな景色もたくさんあります!

IMG_847322.jpgIMG_961922.jpg

IMG_963722.jpgIMG_963622.jpg

IMG_962122.jpgIMG_962222.jpg

北海道は、でっかい道!!

魅力いっぱいの地に、いつかまた行きたいなぁと思いました。

気温は身に染みる寒さでしたが、
久しぶりに家族で集まって過ごす時間は最高にあったかかったです!



By Izumo
スポンサーサイト

先日実家から困惑気味の電話がかかってきました。
「A市の警察署から落し物のお知らせ葉書が届いている」と…
私は確かにA市に住んでいた事がありますが、それは平成元年から7年までの事。
今の住所に引っ越してから、はや20年以上経っているのにどういう事?

母に葉書を読んでもらうと、落し物は「免許証」との事です。
慌てて財布を確認すると、運転免許証はちゃんと有りました。
しかし心当たりが無いわけではありません。

これはきっと、アレに違いない・・・

私がまだ独身の頃に持っていた原付の免許証。
それならば実家の住所に旧姓で郵送されたのも得心がいきます。
しかしアレは自動車の免許を取得したので必要が無くなり、更新もせず放置した覚えがありますが、その後はどこにどう置いていたのか全く記憶にございません。

と、首をひねっていても何も始まらないのでA市の警察署に電話で問い合わせる事にしました。
 
「拾得物の問い合せなのですが・・・」
「整理番号をお知らせください」
「あっ!聞き忘れました。でも、最近、かなり昔の免許証が届いていませんでしたか?」
「あぁ~ ありました!ありました! 確かに!」

電話のお声からは何となく嬉しそうな雰囲気が感じられます。

「もう、それ、処分しちゃってください。とっくに期限切れですよね。」
「そうですか・・・一応規定に従って保管期限を過ぎてから処分いたしますが、もし気が変わったら取りに来てくださいね。」

と、一度はこの件を闇にほうむってしまおうと決めたのですが、やはりなんとなくモヤモヤとした気持ちが湧きあがってきたので、腹を決めて警察署に出向く事にいたしました。

実家から回収したお知らせ葉書を手に窓口に向かいます。

「あっ!やっぱり取りに来られたんですね!」(やや苦笑しておられます)
「はい・・・気が変わりまして・・・」
手渡されたそれは、やはり間違いなくアレでした。

免許証2

拾得時の情報を尋ねましたところ、とあるご家庭の台所改修工事中に発見されたとの事です。そ
れはきっと、以前に住んでいたあのアパート。

大家さん、最近リフォームされたのですね!
今もまだ、あの場所にあのアパートは建っているのですね!


しみじみと感慨にふけりつつも、ぼんやりとこの事件の真相が見えてまいりました。
二人のこどものうちのどちらかが、おもちゃにしているうちに台所シンクの隙間に
スイッと差し込んでしまったのでしょう。

20年以上もあの場所で・・・
タイムカプセルと化したシンクの下で私を待っていてくれたのかい?
可哀想に・・・
これはもういっその事、「無事帰る」のお守りとして大事にしてあげようと思います。


持ち帰って、意気揚々と家族に見せびらかしたところ、息子が
「オカンこれ・・・」
と震える指で指し示したのは、若かりし頃の私の写真ではなく


強調


「昭和65年まだ来てないやん。というか永遠に来ないやん。
永久に有効やで!」


そんな事は思いつきませんでしたよ!

by Yuki


みなさん、はじめまして。

今年40歳になる、くろすけと申します。

僕が水仙でお世話になって、一ヵ月が経ちました。

介護のお仕事は初めてで、
今まではケーブルテレビやエアコンの工事・営業の仕事をしてきたので
人と接するのは得意な方でしたが、
いざ利用者さんと接してみると何をお話していいのか分からず
おどおどしていると

一人の方が「あんた何でそんなに黒いんじゃ?」と、話しかけてくれました。

というのも僕は去年まで次男の野球のコーチをしていたので、顔と腕が極端に黒いのです。
この肌の色がきっかけで他の利用者さんと仲良くなり、
今ではみなさんといろいろなお話をして元気をいただいています。

「何気ない、たった一つの会話」の大切さを改めて感じさせられました。

これからは、僕がみなさんを元気づけたいと思います。
これからも宜しくお願い致します。

kaigo_kurumaisu[1]


byくろすけ

2018.09.14

ご挨拶

水仙の家でお世話になり、早4ヶ月が過ぎました。


5月は何事もなく、6月は地震、7月は危険な猛暑が続き…

8月は8つの台風襲来、そして先日9月4日には非常に強い台風で甚大な被害が。

6日には北海道でも大きな地震が発生してしまいました。
今年も残り4ヶ月余りですが、何事もなく平穏に過ぎるように願うばかりです。



私は以前、有料老人ホームとサービス付高齢者向け住宅でケアマネとして働いていました。

こちらに来てやはり、在宅で暮らされている方は幸せだと実感しました。

独居・同居 皆さんそれぞれ大変な部分はあるでしょうが、
住み慣れた場所で生活できることが一番だと思います。


今ではそのお手伝いを少しでもさせていただくのが、ちょっぴり喜びとなっています。


最後にプロフィールを紹介しちゃいます!

出身地:大阪
血液型:
趣味:旅行(イタリア・中国なども行きました♪)
好きな食べ物:お寿司(高級品で毎日は食べられないので…)
マイブーム:ポテチ(一袋)を食べること
好きな言葉:ケセラセラ


よろしくお願いいたします(* ´ ▽ ` *)

ご挨拶


byたま

最近、水仙の家では皆さんと一緒にちぎり絵を楽しんでいます。


おりがみをちぎる、貼る、そして彩りを考える…
手先の運動にも、頭の体操にもなるちぎり絵!

土台となるイラストを皆さんにお渡しすると、

「あら、かわいいわ」

「でもこんな細かいのできひんで~」(標準語:できないよ~)

「(小さくて)めぇへんで!」(標準語:見えないよ)


皆さんの口から飛びかう様々なご意見…
一見すると本当に楽しめるのか?と思う会話なのですが、

「こっちの色と組み合わせたらきれいやな」

「もっと細かくちぎらなあかんなぁ」

気がつけばもう気分は芸術家!!
・・・とまではいきませんが(笑)、
さっきの言葉がウソのように、真剣に取り組んでおられます。

製作中はクラシック音楽を流し、なんとも優雅なひととき…
(やっている方は大忙しですが)

黙々と作業は続き、どんどん完成へ近づいていきます。



しかしAさんは作品を見ながら、
「こんな色、変じゃないか…?」
と不安そうにおっしゃっていました。




イラストはふたつのりんご。
ピンクやオレンジや水色などカラフルな色使いをされていました。


周りの方は「りんごと言えば…」と赤や緑のりんごができていたのですが、
Aさんはカラフルにしすぎたのではないかと思われたようです。

「Aさん!いろんな色があって楽しいですよ。決まりはありませんし!」
「ちなみにこれはどうですか?」

同じりんごのイラストに、茶・青・赤などピカソ風なMスタッフの作品を
Aさんに見ていただいたところ……

「…私のがまだマシじゃな」

と一言。

その一言に、皆大笑いでした。

いろんな色があってもいい、と納得されたのか、
さっきまでの不安そうな表情も吹き飛んでしまった様子。

可愛らしいパステルカラーな色合いのりんごが完成しました!



完成した作品を全員で鑑賞し合う時間も様々な発見があり、楽しいものです。

早くも芸術の秋に向けて活動中!な水仙の家なのでした。



IMG_65102222.jpg
< Aさんを勇気づけたMスタッフの作品 >

By Izumo

プロフィール

水仙の家

Author:水仙の家
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】水仙の家

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

Copyright ©水仙の家. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。