FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月14日 久しぶりに大阪に雪が降り4cmの積雪となりました。

利用者のみなさんも無事にデイサービスに来られ、ひと安心。

窓から見える雪景色に…
「まだ、降ってるわ~」
「大きな雪!!これは積もるで~」
その雪景色に引きこまれるように、何度も窓の外に目がいきます。

スタッフもその雪に心が弾み、テラスに出てお盆に山盛りの雪を運んでくると、
「(子どもみたいに)またそんなことして~」
と声がとんできます。
でも皆さんの表情はと言えば…、スタッフと一緒ですっかり童心に!!

「つめた~い」
「なつかし~い」

触っているうちに、
その雪の塊はだんだんと雪だるまに。

机の上にはお正月の名残の南天
その実をつまんで、目やほっぺにするAさん。
その実がポロリと落ちると…
何やら、かばんの中をゴソゴソ探しはじめるBさん。
そこから出てきたのは、ボールペン! 
ボールペンの先で雪だるまに穴を開け、南天の実を固定されました。さすが!!

口や髪、ひげは松葉の出番…

気づけば…いがぐりぼうずの雪だるま!!
「(スタッフの)○○に似てるな~」
「あら~鼻もちゃんとあるわ」
雪だるまで大盛り上がり。


そして、
雪の思い出話へと広がっていきます。

「小さい頃、雪女の本を読んで、怖かった。
その日は眠られへんかったわ。」

「雪合戦したり雪だるま作ったわ。
楽しかったけど、大人は大変そうやったわ~」

「かまくらに入って遊んだ事あるわ。中は温かくてよかったな・・・」
「本当に温かくて、中でロウソクを炊くと、雪に反射して、かまくらの中がきれいやったわ。」
「かまくらの中で、ぜんざいや干物を焼いて食べたのも、おいしかった」
次々と雪の思い出話が披露されました。


この日はバレンタインデー
空からの素敵な雪の贈りものに、大はしゃぎの水仙の家でした(*^。^*)

雪の日のバレンタイン

by ハーブ王子
スポンサーサイト

 今日2月14日、南岸低気圧の影響で大阪は朝から雪。
みるみる街は白い化粧をまとっていきました。

雪が積もりはじめた中、車いすで来られる方、送迎車両で到着する方は珍しい雪に
「何年ぶりかなあ?」
「大阪は雪に慣れていないからなあ」と口々におっしゃいます。

 また、これからご利用者のもとへ出発するヘルパーさんも、慌しく支度をしています。

そんな光景を微笑ましく見守るように、ひまわりが咲いています。
え?ひまわり?
たぶんそうです、夏の代名詞のひまわりが先週から少しずつ花開きました。
いろいろな種類があるひまわりですから、きっと夏に見るものとは違うとは思いますが、
昨年の6月ごろ地域のボランティアさんから頂いたもので、
「いったいいつになったら咲くんだろう?」と
お世話をする送迎車の運転手さんは、手入れを忘れずに育ててくださっていました。

水仙の家の名前どおり、ニホンスイセンが花壇を彩っていますが、その中に混じって咲いたひまわり
黄色い花が寒さをほんの一瞬和らげてくれます。

ひまわり①
<雪ニモ負ケズ…>

by Tama

2014.02.07

大阪しぐれ

水仙の家には、100歳を超えた方が2人いらっしゃいます。

そのおひとりAさんは100歳で水仙の家に来られました。

新舞踊が得意で、以前にはボランティアとして高齢者施設で踊りを披露されていました。

「“大阪しぐれ”が好き」

♪ひとりで生きてくなんてできないと…

「ほんまに一人では生きていかれへん。息子やお嫁さんにようしてもらってる。」
いつも感謝の気持ちを持たれ、この歌詞に共感されているようです。

大阪しぐれを歌いながら歌詞に合わせた手踊りを披露されます。
そのしなやかなこと…
横で真似をするスタッフに、
「上手や~」
いつも満面の笑顔でほめてくださるAさん。
その褒め言葉に調子に乗り、Aさんのお顔をみるといつも踊りだすスタッフ。

初めて来られた時は、歩行が少し不安定なAさんでしたが、
デイルームを歩き、踊り、体操などで筋力もついてこられ、
いい足取りで踊ってくださるようになってきました。

ある日お迎えに行くと、赤い口紅を引き、きれいにお化粧され、
ご自分で着物を着て待っておられました。
そして、きらびやかな舞扇も持参。
その日は、もちろん!!
十八番の“大阪しぐれ”を皆さんの前で舞ってくださいました。
いつもより一段とあでやかで、皆がその姿に引き込まれていきました。

その後も時々お着物で来所。着物姿もお馴染みになり、
「今日も踊ってくれるの?」
と声がとんできます。

つい先日、Bさんの誕生日会がありました。
その方はご利用3日目。
「誕生日祝いなんて・・・歌のプレゼントだなんて…」と遠慮されるBさん。
スタッフが
「皆で大阪しぐれを歌いましょうか?」と提案すると、
前席のAさんが
「ほな私が踊ったるわ」とふたつ返事。
Bさんの緊張もほぐれました。

100歳の方に誕生日会を演出していただき、素敵な会に!
経験、趣味が豊富な大先輩に助けられ“ありがたいな~”と思う一日でした。

踊り
<Aさんを中心に、スタッフも大阪しぐれ>

by Nolilin



プロフィール

水仙の家

Author:水仙の家
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】水仙の家

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

Copyright ©水仙の家. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。