FC2ブログ
あれは6月初めのことでありました・・・。

朝起きた時から、何やら頭がクラクラして
「あ、こりゃめまいというやつだな。」
と早合点した私は乗り物酔いの薬を飲んだのです。
しかし一向にクラクラは治らず、
「そういえば昨日は風が強くて半袖で寒かったわ。風邪やな。」
と熱を測ると37度7分! 早々に白旗を揚げ
その日のヘルパーの仕事をお休みさせていただくことになりました。

熱中症


さて、病院で診察を受け、もらった診断名はなんと

『軽い熱中症』 !!!

「うそぉ・・・」

予想外の展開に驚きを隠せないヘルパーYuki。
帰りにイオン飲料をたんまり買い求め、寝込むこと6時間。
本当に夕方までぐっすり眠り込んで、
目が覚めた時には熱もすっかり下がっておりました。

そんな時、東淀川区の保健師さんから、熱中症予防のお話を伺う機会がありました。
どうやら“隠れ熱中症”なるものがこの世には存在するらしいとのこと!
梅雨時でも、湿度が高くて汗が蒸発しないために体温が下がりにくくなるそうです。
そして知らないうちに脱水が進行するという恐ろしい事態に。
まだまだこれから夏本番だというのに、とんだ流行の先取りです。

熱中症を予防するためには、水分の補給はもちろんのこと、
塩分の補給も必要といわれていますよね。
「喉が渇いたー!」で、
水をたくさんゴクゴクでは、体に残っている塩分を
更に薄めてしまうのであまり効果がないそうです。
塩分補給にイオン飲料、というのも一つの手ではありますが、
1日のうちに何度かに分けて、こまめに水分の補給を心がけると良いそうです。
そうすると体は一定の塩分濃度を保ってくれるそうですよ。

しかしながら、普段から「あまり水分は取らなくても平気!」というか、
「水物を沢山飲むのは苦手・・・」という人もいらっしゃるので、
「そういう方は『ちびちび飲み』を心がけてください。」
と、保健師さんがおっしゃっていました。

『ちびちび飲み』とは!

台所に行ったら一口ゴクリ、
洗濯物を干したら一口ゴクリ…
というふうに、何かしたらついでに
水を一口二口飲む方法だそうです。

そういえば、ある利用者さんは
「トイレに行ったら帰りに必ず台所で水を飲むようにしているの」
とおっしゃっていました。
さすが年の功!と感心せざるを得ません。

ヘルパーYukiも早速、台所シンク脇に500mlペットボトルを配置しました。
そして台所に立つ度にちびちび。
こうすれば、どのくらい水を飲んだかわかりやすいのでお勧めですよ。

この夏も、皆さんが熱中症にならず、元気に過ごせますように!
心の底からそう思うヘルパーYukiでした。

熱中症予防

by Yuki

2014.07.18

大輪の朝顔

6月の下旬、利用者のAさんから
「水仙の家で育ててみぃひん?」
と、自宅で種から育てておられた朝顔の苗を2ついただきました。

入っていた袋を開けてみると…
「あらぁ、折れてしもうてるなぁ」
「大丈夫かなぁ」
2つとも茎が少し折れてしまっていて、Aさんも困った顔に。

(あかんのかなぁ、ちゃんと育つんかなぁ)
と少し不安でしたが、
「植えてみましょう!朝顔は強いからなんとか育つと思いますよ」
と伝えると、
「そうやねぇ、元気に育つかもしれへんし、ダメで元々と思ってやってみぃ」
とまわりからも声が上がり、
(がんばって育ってやぁ)
と願いながら育てていくことに。

それから2、3日は2本の苗とも何とかがんばってくれていたのですが、
1本の苗がとうとう力尽き、枯れてしまいました。

次の週、Aさんが来られた時にそのことを伝えると、
「あぁ、やっぱりあかんかったかぁ」
「しゃぁないねぇ」
と残念そうな表情。

まだがんばっていたもう一本の苗を見ながら、
「あぁ、この子もちょっと弱ってるなぁ」
「水だけはしっかりとやって、あんまり肥料は足さずに、
しばらくは日のきつくないとこで育てた方が良いかも」
とアドバイスをくださいました。

「なんとかきれいに花咲かせて欲しいんやけどなぁ」
「がんばりやぁ」
とその場にいた皆さんの応援に後押しされたのか、
ゆっくりとですが日が経つごとにツルが伸び、
葉もしっかりとしてきました。
そして、ようやく出てきた花芽が開き、
見事な大輪の朝顔が!

心配していた分、大きく開いた花を見て、
「わっ、やった!きれいに咲いてるやん!」
と大きな声をあげてしまいました。
早くAさんに報告したいなぁと嬉しい気持ちでニャニヤ。

次にAさんが来られた日の朝。
庭に見に行くと…
「あらぁ、なんで…」
見てもらおうと思っていた花が落ちてしまっていました

(今から見てもらおうと思ったのになぁ)
とショックを受けつつも、
鉢を席まで持って行くと、
ツルが長く伸び、いくつも花芽のついた朝顔を見て、

「わぁ、こんなに花芽がついて・・・、いやぁ、元気に育ったなぁ」
「あかんと思ってたけど、よかったねぇ」
「ありがとう、ちゃんと面倒見てくれて」
その言葉にさっきのショックも吹き飛びました!

花芽もたくさん出てきて、
これからどんどんきれいな大輪の朝顔を咲かせてくれるのがとっても楽しみです!

P1010795.jpg

by オリーブの星

地域でお世話役をされていた方のご紹介で
“絵”を贈っていただいた。

水彩画ではない。
油絵でもない。
少し離れてみると
何とも言えない絶妙な奥行き感。

何種類もの花や葉を乾かし、粉にしたものを
幾重にも重ねて作成されたものだそうだ。

さっそく、デイサービス利用の皆さんにお見せすると、
「きれいねえ」
「すごいわぁ」
と感嘆の声。

と、その時、
「山、山、山、きれいね。散歩行きた~い!」
Aさんの声。

すぐには壁にかけられないので和室に置くと
「山、きれいね。壁には日本画がかかっているから、和室の台の上に置いたらいい。
台の上の荷物は片づけてね」
と言われる。
きらきらと輝く目が絵をとらえて離さない。
その絵のもつ質感や色合いが
遠く海を越えた、ふるさとの山の記憶につながるのか。

「山、山、山、散歩行きた~い!」
ウォーキングのように腕を前後に動かしながら、何度も繰り返される。

ふるさとの山で、野草を摘んだ話、
「採って、そのまま口に入れたこともあるよ」
と、教えてくださるAさんの目は、やはりきらきらと輝いている。

娘時代のAさんが歌を口ずさみながら
夕飯のお菜にと摘んだ野草。
真っ赤に熟したキイチゴの実は
乾いた喉をうるおしたかも知れない。

1枚の絵をめぐってAさんと共有できた大切なひととき。
重い立派な額に入った絵は、見かけをはるかに超えた大きな贈りもの。

P7120006.jpg
<独特の描き方は粉描花(ふんびょうか)と呼ばれる>

by Tam

2014.07.04

「ヤッホー」

水仙の家では月に1度、運動機能専門の講師にきていただいています。
そして毎回、その日の振り返りをしてアドバイスを受けています。

たとえば体操…
ただ体操するというより、それぞれの効果を伝え、
イメージできるような声かけをすること。
そうすることで、可動域を広げ、効果があがるとのアドバイス。

首の運動では
「首を回してください」
「上に曲げてください」
「下に曲げてください」
だけでなく、
「おへそ見えますか」
「つま先見えますか」
という言葉を添えることで、いつの間にかしっかり首の体操ができる。

う~~~ん、なるほど

そのアドバイスを受け、講師出勤の日に体操のリーダーをした私。

<首を後ろにひねる体操>
「右のほうからず~~っと後ろの人が見えるまで首をひねって下さい。」
すると講師のさりげない声 
「きのうのじぶ~ん」

笑いがおこりながらも、後ろまで首をひねり “昨日の自分”を探す皆さん…(^o^)

<上半身を伸ばす体操>
「グーッと腕を伸ばして、天井を持ち上げてください。」「まだまだ」「もっともっと」
 するとまたまた講師のさりげない声
「ハイ3階、ハイ4階」 (デイフロアは2階です)

その声につられ、限界まで腕、体をグイグイ伸ばそうとしていた私。
なぜか魔法にかかったよう!!
もちろん皆さんも…。

<腹式呼吸(大声を出す)>
「なかなか家では大声出せないでしょ。お腹の底から大声出すと気持ちいいですよ~」
「さあ息を吸って~  せーのー」
「あーーーーーーーーーーーーーー」

次は、1人ずつ大声にチャレンジ。
Aさん「今日、私声が出ないのよ」
私  「今の声よ~く聞こえてますよ~(^o^)」
Aさん「・・・・・・・」
Aさん「あーーーーーーーーーー」

思わぬ大きな声のAさん!!
Aさん照れ笑い(^_^.)。
周りは、拍手と笑い!!

他の方も…
この方からこんな声が!!と驚かされる場面もありました。

そして
「最後にみんなで大きな声を出しましょう」
「あーーーーーーーーーーーーー」
するとまたまた講師の声が…
「山の頂上に着きました」

その瞬間、私の目の前にパッと山の景色が広がったのです。
見ると数人の方の表情も変わりました。
その1人Bさんは、視線があがり表情が明るくなりました。
“今、間違いなく、Bさんの目の前にも山の景色が広がった!”
と感じました。

「Bさ~ん。山にのぼった時のこと思い出しました?」
「思い出したわ~」
他の方々からも
「昔はよう山登りしたな~」
「思い出すわ~」
「六甲山」
「比良山」…との声

その後は全員で
「ヤッホーーーーーーー」

「ヤッホー」
どこからか山びこが… 
 
向こうの山に向かっての
「ヤッホー」
は格別のものでした。

イメージをするだけでこんなにも違うんだな~
楽しく、そして効果も抜群!

ヤッホー

by Nolilin

 

プロフィール

水仙の家

Author:水仙の家
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】水仙の家

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

Copyright ©水仙の家. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad