FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.10.24

故郷自慢

Aさんは、日ごろは自分から進んで話すより、
まわりの皆さんのお話をにこやかに聞いておられる方です。
しかし、デイサービス利用者の皆さんとそれぞれの故郷の話になった時には、
出身地の和歌山について、とても嬉しそうに話されます。

海のものや山のもの、たくさんのおいしいものに恵まれているとのこと。
おじゃこの釜ゆでや、みかんの蜂蜜、金山寺味噌などなど。

朝は今でも、
和歌山にいた頃からお好きな茶粥を召し上がっておられるそうです。
茶粥に金山寺味噌をのせて食べるなんて、ほんとおいしそうですよねぇ。

金山寺みその画像

先日は私が和歌山に旅行に行ったことを話すと、
「みかんには早生と極早生があり、色がまだ青くても甘くておいしいのよ」
と教えてくださり、また、テレビで観た話として、
「和歌山は牛肉の消費量が日本で一番なんやそうで」
「湯浅というところは、とてもおいしい牛肉があるそうなのよ。
私も知らなかったわー」

と驚きながら、でもどこか自慢気に話してくださいました。

みかんの画像


故郷は離れていても、いくつになっても、
懐かしく、そして誇らしいものなんですね。


by 忘れな草
スポンサーサイト

2014.10.18

台風

10月になっても台風の声を聞くのは、大阪では久しぶりです。
いつも元気な水仙の家のヘルパーさんですが、さすがに天候には気をつかいます。

台風にかぎらず、荒天・強風は自転車移動の大敵!
風が強い時は傘をさすことはたいへん危険です。
レインコートで完全装備するなど、各ヘルパーが気をつけていますが、
あまりにもひどい時は、水仙の家の車を出してもらうことも考えます。
ヘルパーさんの安全確保が最優先です。

が、今回の台風19号の最接近は都合の悪いことに連休最終日の13日・・・
いざというときに車を出してもらうこともできません。
事前に予想をたてようにも台風の進行速度に右往左往・・・   
インターネットの台風情報にやきもきするしかありませんでした(汗)

そんな中、とりあえず利用者さんに
「台風でも必ず行かせていただきますが、
風雨の状況で時間がずれるかもしれません」
とご連絡させていただきました。すると
「大丈夫?大変やったら、無理せんでいいよ」
「お休みにしようか?」
と、みなさんかえって私たちのことを心配して気遣って下さいます。
中には
「来んでもいい!」
とのAさんのお言葉・・・
「あんたがケガをするほうが心配や!
あんたが来られへんようになったらこまる!」
と。
(Aさん・・・ 一人暮らしで、雷大っ嫌いな寂しがり屋なのに・・・)
ヘルパーを大事に思っていただいている言葉にとってもうれしくなり、
「どんな天候でも利用者さんのためにがんばりたい!」
という気持ちになります。

結局、心配したほどの暴風雨にならずに大阪を通りすぎた19号。
事故もなく大きな遅れもなくてホッとしました。

shizensaigai_typhoon.png

と こ ろ で
閑話休題・・・
最近、大阪には台風が来ない。
来るという予報があっても逸れる・・・ことが多いです。
利用者さんとそんな話をしていると
「そら、あんた!大阪のおばちゃんが怖くて台風も逃げるんよ!」
と、たいてい大阪ではベタな笑い話になります。
私も
「みなさんのお蔭ですね~ ありがとうございます!」
と冗談で返していたのですが・・・
テレビのニュースで、19号が日本列島を通過するときの
雨雲の動きを再現していた時のこと。
じっと見ていると、豪雨をあらわす雨雲が大阪の前ですっと消え、
通り過ぎたあとにまた復活しているのです!
(他に見られた方おられません?)
「うわっ!ほんまに逃げたんや・・・」
と、現実主義なワタクシも、
思わず大阪のおばちゃ、いえ“お姉さま方”に感謝いたしました。

みなさん! 
いつまでも、台風を吹き飛ばすほどの元気さでいてくださいね!!

by Kei

2014.10.10

仲直り

息子さんがいらっしゃる女性利用者Aさんと
お話ししていた時のことです。

私にも20歳の息子がいるので、悩みを聞いていただきました。

「息子とケンカして…1ヶ月くらい話をしてないんです」

と話をきりだしました。

すると、
Aさんから、こんなことばが…

「親の方からね、謝りなさい」

ハッとしながらも、素直になれない私、
「絶対に謝らない!!」
と意地を張っていました。

またしても、Aさんのことば
「息子さんも謝りたいと思っているから」

“そうかなー”と思い、家に帰ってから
息子にラインで謝りました。

                   LINE.jpg

息子もきっかけが欲しかったようで、
「僕も悪かった」と、やはりラインで返事が。

              yjimage8NUN4NRW.jpg

ようやく仲直りができました。

obasan01_laugh.png pose_anshin_man.png

後日、Aさんに報告しました。
「良かったね。仲よくしなさいね」
と言って下さいました。

やはり、人生の経験を色々とされ、
その経験からたくさんのことを教えて下さいます。

私自身、とても勉強になる毎日です。

by ムツゴロウ




私ごとで恐縮ですが、先日、女の子が産まれました!

なかなか子宝に恵まれず年齢的にも諦めていたのですが、
今年の2月、妻が胃のエコーの検査を受けたところ
「もう一つ、心臓が動いています」と、
妊娠していることがわかりました。

ハート1

妻も私も、子どものいないライフスタイルを思い描いていたので、
うれしい誤算となりました。

先日の早朝、いよいよ出産の日が訪れました。
分娩室に入って40分位経過し、妻の体をさすりながら、
「がんばれ!」と声をかけていると、あかちゃんの頭が見えてきました。
「あと少し!がんばれ!」

「おぎゃー!」

ついに産まれました!
助産師さんが、あかちゃんを取り上げ、
私たちの方に顔を見せてくれた時の私たちの第一声、
妻も私も偶然に声を合わせ
「こんにちは!」
と言ってしまいました。

コウノトリ

小さな体に小さな顔。
そして小さな手、
その指には小さな爪がちゃんとついている…。
感動とともに何か不思議な感じがしました。
この小さな命をくださった神様と
よく頑張った妻に感謝したい気持ちで一杯です。

この子が二十歳になった時の自分の歳を考えると恐ろしくなりますが、
自分自身も健康に気をつけ、子どもの成長を見守りたいし、
子どもには健やかに育ってもらいたいと思います。
                               
ベビー1
by TORA☆TORA

プロフィール

水仙の家

Author:水仙の家
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】水仙の家

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

Copyright ©水仙の家. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。