FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.11.27

オシャレ心

寒くなってきて、みなさんも夏服から冬服へと衣替えされ、
それぞれの思いでオシャレを楽しまれています。

90代の女性Aさんは、毎回違う服を着てこられるほどの衣装持ち。

「体温計入れなあかんから、首つまりの服は着られへんし、
色も合わさなあかんからなあ」

と、朝、たくさんの服の中から選んでおられるようです。

「ずっと着てなかったから着てあげなあかんわ」と。

いろいろな服を着ておられるのに、
まだまだ着ていない服があるなんて、
本当に洋服がお好きなんだなー。

冬になり、チョッキを着ている方も。

Bさん(90代女性)は、オレンジと茶色の花柄のチョッキを着ておられました。

「綺麗な柄のチョッキですね」と声をかけると
「これ、昔自分で作りましてん」
とBさん。

「え!?Bさんが作ったんですか!?」

服なんて作ったことのない私は、
手作りのチョッキを見ながら
驚きを隠せません。

裏地も温かそうで、プロ級のできばえ。

「ポケット付けてたら、もっと良かったんやけどなあ」
と少し残念そう。

でも、上品なチョッキで、Bさんにとてもお似合いです。

手作りの服を着てこられる方は、他にもおられます。

昔から編み物が得意なCさんは、
今でも、暇さえあれば編み物をされているほど。
冬は、ほとんどご自身で作られたセーターを
着てこられます。

「毎朝、水仙に何を着ていこうか
悩むのが楽しみなの」

と、朝の服選びを楽しんでおられます。


お互いにファッションチェックをされている方もおられます。

「今日のそのブローチ素敵ね」
「この服にこのブローチは、ちょっと色が濃いかなと思ったんやけどね」
という会話が朝から聞こえてきます。

「私のこの指輪も素敵な色でしょ♪」
と、ご自身のファッション自慢も忘れません。


子どもさんやお孫さんにもらった服を着てこられる方も。

お孫さんにシャツをプレゼントしてもらった方は、
「これね、孫が誕生日に買ってくれてん」
と、とても素敵な笑顔です。

子どもさんにアンサンブルの洋服をプレゼントしてもらった方は、
「こんな派手なのね~」
と照れくさそうにされていました。
でも、若々しくてとてもお似合いです。


色々な思いで服を選ばれ、
ファッションの話をしている時の姿は
みなさん活き活きされています。

いくつになってもオシャレ心を忘れないみなさん。
とても素敵です。

さて、明日はみなさん、どんなファッションで来られるのでしょうか。

IMG_0215.jpg
<おしゃれなストール>

IMG_0211.jpg
<ニットの模様がまたおしゃれ>

by Kara
スポンサーサイト

急に冷え込んできましたね。皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか?
今年もあと50日を切りました。
一年なんて「あ――っ!」という間ですね。

さて、年末になると、何やらあわただしくなってきます。
お歳暮を贈らないといけないし、
おせちも注文しないとね。 おせち

年賀ハガキを書いて、クリスマスにケーキも食べて、 ブッシュドノエル

帰省の段取りも考えなきゃ―。
あ~、何て忙しい、忙しい…
そして、追い討ちをかけるように

『年末大そうじ』

が待っているではありませんか!!

私たちヘルパーは訪問先で、それはそれは真心を込めてお掃除をいたします。
居室の掃除機かけはもちろん、床拭き・台所・お風呂・トイレ…etc
ご利用者の希望に添って行ないます。
ひと通り掃除を終えると「よっしゃ、ばっちりや!!」と満足感を覚え、

「いつもキレイにしてくれてありがとうね」
の言葉に癒されます。
「清潔なお部屋で、安全に安心しておすごし下さいね」
と言葉を添えます。

「では、また」と帰路に着き、自転車をこぎながら、
「あ~我が家の風呂掃除もせなあかんな~。
台所の換気扇もベタベタやったな~。網戸も拭かなホコリまみれやわ~」
と、自宅モードになると、ぺダルを踏む足もが重くなります。

毎年毎年思うのですが、常日頃からこまめにやっておけば、特別なことをしなくてもいいのです。
普段の掃除だけで十分なのです。
わかっちゃいるけどできないのです・・・

とにかく、今年こそは実行するぞ!! 
ということで、明日からさっそく始めます。

「おとーさーん、エアコンと網戸の掃除、
お願いしますー!」


大掃除
by HOT♡Y

2014.11.07

水仙の花

この前、ケアマネージャーに
“まじょのたっきゅうびん” を届けてくださったAさん。
水仙の家でも持ち味のおもしろさを発揮され、日を増すごとに、
よりいきいきと過ごされているように感じます。

実はAさん、数年前からお誘いさせていただいていたのですが、
デイサービスに来られるようになったのは約1ヶ月前。
「ひとりでさみしく過ごしてたけど、
こんな楽しいところならもっと早く来ればよかったわ~!」
とおっしゃっておられました。


そんなAさんが書いてこられた素敵な一句。

IMG_0239.jpg

“一人ぽっちの人生も 春が来ました すいせんで”

「家でこんなことばっかりしてますねん。でも、書いてると楽しくてね」
と笑顔で教えてくださいました。

私自身、この春に大阪へ出てきて、この水仙の家で皆さんと出会った春。
全く同じ気持ちです、というのはAさんに申し訳ないのですが、
その一句にとても共感してしまいました。

「私もこの春、大阪に一人で越してきたんです。
Aさんのお気持ちがすごく伝わってきます!」

そうお伝えすると、
「あら!そうですか!あなたも一人で住んではるの?」
と笑顔で返してくださいました。


とても明るくて、いつも面白い冗談で周りにいる誰をも
笑わせてくださるAさんですが、
きっと寂しさや不安も感じておられたのではないでしょうか。


30字にも満たない一句。

しかしその一句には一言では言い切れない、
たくさんの思いが込められていると思いました。

これからこの水仙の家で、決して一人じゃないという安心や嬉しさを
日々感じていただけたらいいなと思っています。

そして後日、
「あの一句ね、今この時期に水仙の家にやってきた自分と、
今頃咲くスイセンの花とで掛けてますねん」
とこっそり教えてくださいました。

そんな仕掛けまであったとは…!

一句に込められたAさんの思いの深さを、さらに感じたひと時でした

suisen300[1]

by Izumo

2014.11.01

嬉しいお手紙

「ケアマネジャーって大変よね」
「私の家にきた時くらいは、気を遣わないで!」
初めてお会いした時から優しく接してくださったAさんです。

ある日、病院でもらった袋を見せて下さいました。
中は薬が散乱して、薬を飲めていないことに気づきました。

「薬の整理をして、しっかり薬を飲めるようにしていきませんか」
「薬が飲めるように、先生と相談してみませんか」
私は、通院に付き添うことになりました。
そして、主治医の先生に症状を伝え、
今、必要な薬と必要でない薬を分けていただきました。

「今まで薬の整理なんかしたことなかったね」
「今日はありがとう」


そして次の日             

封筒

「まじょのたっきゅうびん」からです (*^_^*)  
笑顔で手紙を下さいました。
昨日病院から帰って、すぐに作って下さったそうです。

封筒の中には手紙が・・・

手紙1
「B病院で 診察おそく いらつくばあちゃん 笑顔でかまえる (職員の名前)」


手紙2
「あたまのわるいAちゃん(ご本人)やっと覚えた(職員の名前)」

職員の名前をすぐ忘れるから、手紙に書いて覚えたのとおっしゃられました。


手紙3
「くすりのみ にっこりうかぶ (職員の名前)」

たくさんのお手紙を頂き、とても感激した一日でした。 
心温まるお手紙でした・・

by 手品師ふーみん

プロフィール

水仙の家

Author:水仙の家
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】水仙の家

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

Copyright ©水仙の家. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。