FC2ブログ
1月は「いく」、2月は「にげる」・・・ ということで
あっという間に今月もあと1週間で終わります。
何だかこの冬は、長~~く感じました・・・ 
ずーーっと寒かったですものね。
私はインフルエンザにもかからず、大した病気にもならず、
腰痛と多少の疲れがあるくらいで、なんとか乗り切りました。

私の元気の源はやはり「食べること」です。
おいしい物(好きな物)を食べて
 
ストレス発散!! 自己満足!!

我が家はあまり外食をしないので、何でも家で作ります!

さて、ヘルパーが入っているお宅でも、
食べることに意欲のある方はお元気です。
朝は必ず
「ベーコンチーズトースト」(on ダブルソフト1枚半)
を召し上がる方
夕食は
「スキヤキ」「焼肉」
をリクエストされる方
「カキフライ」「ハンバーグ」「ブリの照り焼き」
などなど・・・
けっこうガッツリ系ではありませんか!

「ご飯があれば、おかずは何でもいいよ」
とお米大好きな方もいらっしゃいます。

roujin_syokuji.png


これらが皆さんの 「パワーの源」 なのですね!! 

年をとられると、あっさりとした物や野菜中心の物を・・・
と仰る方もおられますが
お肉や魚を上手に献立に取り入れて、
健康で長生きしていただきたいと思います。

それと、食事と同じくらい大切なことは、食後の口腔ケアです。
面倒くさくても、口の中に残った食べカスを取り除きましょう!!
入れ歯の方はシャカシャカ洗って下さいね。
子ども番組の歌の中に
 ♪♪ 食べたらみがく~ 約束げんま~~ん ♪♪
というフレーズがあります。
子どもも大人も、みんな 「約束げんま~~ん」しましょう。

hamigaki_obaasan.png


by HOT♡Y

前回から日が経ちましたが、
今回は水仙の家のスタッフの昼食時の活動をご紹介します。 

「食べることは生きること」

Image3.jpg


Q:昼食についてどう思いますか?
:昼食は午前中の活動で消費した
エネルギーを補充し、活力を回復して午後の活動に備える役割があります。
また、みんなで一緒に食事をかこむことにより、
心の安らぎを得られたり、結びつきが強くなったりもします。
さらに、楽しい時間を提供するだけでなく、
厨房で気を配って調理した料理を
安心して食べていただく雰囲気作りも大事ですね。

Q:昼食の前にしていることは?
A:口腔体操をしています。食べ物をおいしくスムーズに食べるために、
顎、頬、舌、唇を動かし、食べる準備運動をします。
唾液腺をマッサージし唾液を分泌させます。
唾液がなくなると食べ物を飲みこみにくくなります。

Q:快適に食べてもらえるように心がけていることは?
: お一人おひとりの状況に合わせて、ひと口大、刻み、極刻み、
またミルサーで固形物をすりつぶすなど対応しています。
その日の体調、歯の状態によってもメニューを変更したり、
刻み方を工夫したりしています。
お食事されている場面を各テーブルのスタッフが観察し、
食べにくそうにされている方にはその場でご本人と確認し、
刻むなどの対応をしています。
苦手やご病気の関係で食べられないものがあるという方には、
別メニューを提供しています。

Q:食事中、雰囲気づくりで心がけていることはありますか?
:季節や時事ニュース、行事などを話題に、
食事が楽しくなるように心がけています。
1対1で話すだけでなく、皆さんで楽しんでいただけるように
周りの方々にも話を広げていくようにしています。
食事中のちょっとした会話の中にも大切な情報があります。
会話の中で苦手なものが分かったときには、嗜好表に記録し、
次回より別メニューで提供できるか取り除けるかなど、
厨房スタッフと連携して対応しています。
皆さんとの食事を楽しみながらも、一言ひとことに耳を傾けています。

Q:介助や声かけで注意していることは何ですか?
:時間の流れを気にして、スタッフ主導で進まないよう
その人ご自身のペースで召し上がっていただけるよう気をつけています。
お膳の片づけもその一つです。

Image2.jpg


Q:お膳の片づけ?
:基本はスタッフが片付けますが、
ご自身でお膳を片づけてくださる方もいらっしゃいます。
両手がふさがっている状態なので、
転倒やふらつきに注意し、すぐに対応できるよう付き添っています。

Q:スタッフはどこで食事を摂りますか?
A:麻痺があり、食べにくそうにされている方のお手伝いをしたり、
楽しく食事をしてもらえるように、
その日のメニューで使われている食材の話題を出したりと、
皆さんの輪に入って一緒に食事をしています。

Q:口腔ケア(歯磨き)で注意していることは何ですか?
:口腔ケアは歯や口の中を掃除するためだけに行なうわけではありません。
歯磨きによって、お口の機能を回復させ維持・向上する意味もあります。
口腔内の汚れによって味覚が変わり、
食欲不振につながることもあります。

料理をおいしく食べる、好きなことを話す、元気に笑うことは 生きていく上で
「その人らしさ」を引き出す大切な要素です。

食事は、QOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)を高め、
全身の健康維持をすることです。


P2120801.jpg


一回一回の食事をていねいに迎えたいものですね。

by ティンカーベル

2015.02.07

折り紙先生

水仙の家の利用者の方々の中には、
私たちスタッフにとっての“先生”がたくさんいらっしゃいます。
民謡、編み物、踊り、黒豆作り…、
さまざまな先生が水仙の家を支えてくださっています。

今回は、“折り紙の先生” お二人をご紹介いたします。
お二人は、水仙の家で出会って仲良くなられ、
数年経った今では双子のように息ぴったり!
手先が器用なお二人は
いつも何やかやと作られています。

Aさんは通院された時に病院に飾ってあった
“鬼”の折り紙をいただいて、
分解して折り方を研究。
Bさんもお店に飾ってあった
7枚を折って組み合わせる“傘”の折り方を
店員さんに教えてもらい、そして私たちに実演。

いつも新しいものを発見しようと前向きなお二人。

発見されたものは水仙の家に持ってこられ、
皆さんを楽しませてくださいます。
これまでに作られたものは数えきれず…。

1月の初め…
「2月は節分やから“鬼”を折ろうと思ってるの」
とAさんBさん。
常に1ヶ月先のことを考えておられます。

カラフルな鬼、水玉の鬼、小さいサイズの鬼…
だんだん工夫を重ねられ、
オリジナルの鬼の着物もできあがり。

鬼2

そして今回は折り紙の先生となっていただきました。
A先生B先生はふた手に分かれて
「まず三角に折って…」
と、丁寧に教えてくださいます。
熱心な先生方のご指導のもと、
皆さんも真剣に作っておられました。

折り紙1

色だけでなく顔の形や目の大きさなど
皆さんそれぞれ違っていて、
個性溢れる鬼たちがたくさん完成 鬼単体2

「Cさんの鬼、怖そうやね!」
「私のはおとなしい鬼やわ~」
と完成した鬼を見せ合って大盛り上がり 鬼単体1

最後まで笑いの絶えない、
とてもにぎやかな時間となりました。

鬼1

そして帰り際。
「先生、今日はありがとうございました!」
とこっそり声をかけると
「やっぱり、人に教えるのって難しいんやねぇ。
うまく伝わってたかな、大変やったわ~」とAさん。

しかし、私は知っています。

始める前、
「今回の“鬼”は簡単なので、作りやすいですよ~」
と皆さんに優しく声をかけておられるかと思うと、
途中から来所された方の元へすぐに向かい、
「作るのまだやったね、教えるからね」
と丁寧に教え始められ…。

その姿はまさしく“先生”。
教えるだけでなくお二人の優しい気遣いこそが、
この日のような本当ににぎやかで楽しい時間を
作り出しているように感じました。

利用者の方々は、どんな時も私たちの先生になってくださいます。

今はもう、机の上にはかわいいおひなさまが並び始めています。

by Izumo

プロフィール

水仙の家

Author:水仙の家
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】水仙の家

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

Copyright ©水仙の家. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad