FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.07.24

ふるさと

Aさんが結婚前に住んでおられた家、
なんと、
私の住む家と同じ小学校区内なのです。

Aさんは、働いていた頃のお話をよくされます。

「雨の日も風の日も傘さしてね。
懐かしいです。
今行っても知ってる人はおらんと思うけど、
も一回行ってみたいね」

そんなAさんの思いを知り、
なにか、私ができることはないだろうか・・・

その場に行くことは難しいけど、
写真を見てもらうことくらいできるのでは・・・

残念ながら、Aさんの職場は自宅から少し離れていて
なかなか行くことができません。

ならば、私の家の近くでもある
Aさんの実家の近くを写真に収めよう!

近くには、有名な神社があり、
私も何度か行ったことがあります。

「Aさん、思い出してくれるかな~」

Aさんのことを考えながら、パシャリ。

後日、Aさんに神社の写真を見ていただきました。

IMG_5544.jpg


長い間、訪れていないはずなのに、

「あら?これ・・・!」
と、目を丸くし驚かれながらも
すぐに思い出され、

「私、近くに住んでるんです」
とお話しすると、

「あら、そう。懐かしいねー」
と、じっくり見ておられました。


みなさん、それぞれ
大事な場所、思い出の場所、懐かしい場所・・・
たくさんあると思います。

その場所にまつわる話を聞くと、
その方の生き方をすこうし知れた気がして
楽しいです。


Aさんとふるさとが一緒というのも
なにかの縁かもしれません。

私の大好きなふるさと。
私にとっても大切な場所です。

by Kara

スポンサーサイト

2015.07.17

母の入院

私事で恐縮ですが、今回は母のことです。
今年5月下旬、父より
「お母ちゃんがベッドの横で座りこんで立たれへんので
見にきてくれへんか?」と電話があり、
車を飛ばして見にいくと、母は足に力が入らず、
へなへなとベッドの横に座りこんでいました。
父から話を聞くと、その日は発熱があり、
昼間、トイレ行こうとして尻もちをつくように転んだ。
お尻のレントゲンを撮ったが骨折はなく日にち薬だと
医師に言われたとのことでした。
しかし母は「お尻が痛い」と何度も繰り返し言ってました。

数日経ってもお尻の痛みが取れず、
改めてCTを撮ったところ仙骨部にひびが入っていることが判明しました。
母は立つことができずベッドに横になったままでした。
父母2人暮らしで心配だったのですが、
父は「自分が面倒みる」と張り切っていました。
しかし次の日から「もう無理や…」、「やっぱり頑張る!」
と日替わりで気持ちが揺れ動き、
結局は近所の療養型の病院に入院することになりました。

病院に父姉と一緒に面会に行ったのですが、
狭い病室に7人の患者が詰め込まれ、
昼間なのにブラインドが下がったままで薄暗く、テレビもなく、
母は食事以外はベッドに横になったままで、ずっと天井を眺めていました。
すぐにお尻に床ずれができ、母がそれを訴えても
最初は何も処置をしてくれなかったそうです。
他の患者のオムツ交換の時もカーテンを開けたままだったし、
患者に対する看護師の言葉づかいも汚いものでした。

こんな病院ばかりではないと思いますが、
「ここにおったら寝たきりになる!」と父姉私、3人ともそう感じました。
結局、1ヵ月かかりましたが別の病院に転院しました。

私が担当している利用者も入院されている方が何人かおられますが、
きっとご家族の気持ちってこういうことなのだろうなと感じました。
自分の身内のことなら尚更ですよね。
また、自分の仕事に置き換えて考えてみると、
ケアマネとしてご本人、ご家族の思いに、
ちゃんと応えることができているだろうか?
人として尊厳を持った対応ができているだろうか?等々、
考えさせられました。
今回は家族の目線で考えることができ、
家族の大変さや思いがよくわかって、いい勉強になりました。

病室

by TORA☆TORA

2015.07.10

自慢の力

年齢をお聞きして驚いてしまうほど、お元気な水仙の家の皆さん。

その中でも御年100歳になられる女性Aさんは腕相撲がとても強く、
自慢の力を持っておられます。


さて、我こそはと勝負を挑んでみました!

「はいよ~ここおいで!」
とAさんも気合十分なご様子。

「あんたはまだ若くて皮膚も柔らかいから」
と私の肘が痛くならないようにひざ掛けを敷いてくださいました。

(勝負相手にも気を遣ってくださるAさん、素晴らしいです)

「Aさん、本気出したって~!」
「若いの頑張りや~!」

周りにいた利用者の皆さんや
スタッフから、歓声が上がります。

会場も整ったところでいざ勝負!

「はっけよ~い、のこった!」
の合図でスタートすると、
一気にかかってくるものすごい力!

本来100歳の方が相手なら
介護者として力を抜くべきなのですが
そんな余裕はなく、渾身の力で挑みます!

一方のAさんはというと、余裕の表情なのかニコニコと涼しい笑顔…


負けるものかとしばらく耐えるもAさんには及ばず
あっという間に負けてしまいました。

サイズ変更後
<へたばる筆者に涼しい顔のAさん>

先日職場体験で来ていた中学生が、
「おばあちゃんに腕相撲で負けると思ってなかった」
と言っていたことを思い出しました。

正直、私も力には自信があったのに…っ!

Aさんの力はさらに上だったようで、中学生に引き続き
驚きを隠せない私なのでした。


決着がつくと、見ていた周りの方々から
「Aさんすごい!!」
と声が次々にあがり、会場は大盛況!

もう1回!と第2回戦まで始まり、
とても楽しいひと時でした。


お若い頃、たくさん苦労を重ねてこられたAさん。

「子育てしながらいろんな仕事をしたよ・・・」と、
当時されていた様々なお仕事をよく話してくださいます。

苦労された過去があってこそ、今もお元気なAさんがいらっしゃる…
そして今、そんなAさんから様々なお話をお聞きすることができて
本当にありがたいことだなと思います(^^*)

この手でなんでもしてきたとおっしゃるその笑顔は
苦労を乗り越えてきた “力”に
誇りを持っておられるように感じます。

私もAさんのように、いつか自分の生きてきた道に
誇りが持てるような
生き方をしたいなぁと思います。

Aさん、私とまた腕相撲をしてくださいね。

by Izumo

訪問介護ヘルパーになって約8ヶ月、駆け出し中のakoです。
ヘルパーという仕事の難しさや、
重要性をひしひしと感じる今日この頃です。

また、ご利用者のみなさまからは、
今では貴重な、戦前・戦中・戦後のお話をはじめ、
人との接し方、ものの考え方、
家事の仕方ひとつを取っても、
勉強や参考になることを、日々たくさん頂戴し、
とても感謝しています。

7月に入りました。
もう、1年の半分が過ぎたんですねぇ・・・(^▽^;)

今年の梅雨入りは、関西では6月3日頃で、
昨年と同じだったようです。

今年の梅雨明けは、いつになるのでしょうか?
昨年の梅雨明けは、7月20日頃。
ってことは、今年もそのあたりかな??
ちなみに平年でも7月21日頃とのことです。

天気の悪い日は、
気分も、どんよりしがちになりますよね
そんな中、最近、お気に入りの曲ができました。

幼稚園に通う息子が、去年から時々、
(部分部分を)口ずさんでいるのを耳にしていたのですが、
この間、年長組の子どもたちが、
発表会で手話つきの合唱をしてくれたのです。

曲名は、『にじ』 作詞:新沢としひこ 作曲:中川ひろたか

歌詞を載せたいところですが、著作権の問題もあるので・・・
You Tubeなどで、よろしければ、ご一聴を(^ー^* )

保育園や幼稚園では、よく歌われているそうです。

とてもシンプルな歌詞なのですが、メロディーも素敵で、
すごく前向きな気持ちにさせてくれるんです♪

みなさんのお気に入りは、どんな曲ですか?(*´∀`*)~♪

まだまだしばらくは梅雨です。
食中毒などには、十分お気をつけ下さい。
これからどんどん気温も上昇します。
室内でも、熱中症になることがあります。
水分補給も、どうぞお忘れなく。

みなさん、元気に過ごせますように!

niji2.jpg

by  ako


プロフィール

水仙の家

Author:水仙の家
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】水仙の家

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

Copyright ©水仙の家. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。