FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.11.25

ハネムーン

先日、結婚式を無事に終え、ハワイへ新婚旅行に行ってきました!

結婚式の幸せムードのまま、夫婦二人、テンションあげあげで出発。

天候は、暑くもなく夕方になると涼しく、とても過ごしやすい気候でした。

ショッピングやマッサージ、マリンスポーツにグルメと、5日間のハワイを満喫しました。


マリンスポーツは、潜水用ヘルメットをかぶり、水中散歩ができるシーウォーカーに挑戦。
泳ぐのが苦手な私たちでも充分楽しむことができました。
(潜る前は、「怖い、怖い」と連呼していましたが・・・)
潜り始めると、目の前に魚たちが寄ってきて、今までにない体験ができました。
初めは「怖い」と連呼していた私も、20分の水中散歩はあっという間で、終わった後には、「また潜りたい!」と思ったほど。


そして、一番感動したのは、ダイヤモンドヘッドです。
30.~40分と聞いたので、楽勝♪と余裕をかましていましたが、ふだん全く運動をしない私たちは、10分ほど登りはじめたところで、はあ、はあ、と息が乱れ始めました。
途中、何度か心が折れそうでしたが、なんとか登ること30分。
その先には・・・

ダイヤモンドクリフ

それまでの疲れが一瞬で吹き飛ぶほどの絶景が!

諦めず頑張ってよかった!


その他にも、ロミロミというハワイ伝統のマッサージ、
フラダンスやファイヤーダンスなどのショー、
ハワイのスーパーマーケット、
ワイキキビーチ、などなど・・・


初めてのハワイに夫婦二人大満足!!
絶対また来る!と心に決め、仕事に励みたいと思います。

by Kara
スポンサーサイト

2016.11.18

はじめまして

はじめまして。

10月に水仙の家に仲間入りした熟年ケアマネです。
私には、10歳と8歳の孫がいます。2人とも男の子。
入職する時に、上の孫が手紙をくれました。
「今年も、もりあがろう。寒さにも暑さにも負けないぞ!
あいさつしっかり。行動しっかり。働いて会社もがんば!」
この手紙は、机の中で毎日、私を励ましてくれています。

私は以前、「おとなの学校」の校長先生をしていました。
生徒は高齢者。授業は算数・国語・理科・社会・音楽・家庭科・体育で、教科書や成績表もちゃんとあるんですよ。
孫にもらった筆箱や嫁が買ってくれた鞄を持って、車椅子で登校。
戦争で学校に行けなかった人、初恋の頃を思い出す人、わからないことは仲間同士で教え合い、認知症で日頃は徘徊する人が授業の間はじっと授業を聞いています。
小学校の教室みたいですよ。入学式も卒業式もあります。

人は皆、輝いていた時代があったのです。永遠の18歳?
老いても青い春はやってくる。
私は、これからも、いつも、前を向いて、がんば!
あなたが一番輝いていたのは、何歳でしたか?

mokuhyou_tassei_woman.png
by あっちゃん

2016.11.11

「才能発掘」

1ヶ月ほど前、Aさんの家を訪問した時のこと。
お若い頃の話を聞かせてくださいました。
幼少のころのことまで。
Aさんのご両親が営まれていた食堂に大学生がよく通い、
「チビ、チビ」
とかわいがられ、ハーモニカを教えてもらったり、音楽会に連れて行ってもらったりしたそうで、とても懐かしそうに話されました。

そのことからか音楽がお好きで、水仙の家を利用されたのもボランティアの方によるハーモニカ演奏会がきっかけでした。
2年ほど前、水仙の家に来られるようになったころ、
「ハーモニカ教えて下さい!」とのお願いに
「我流やけどね」とおっしゃりながら演奏してくださいました。

次第にデイサービスでの生活に慣れてくださり、同席の方とも馴染みになりおしゃべりを楽しまれ・・・私の中でハーモニカのことが遠のいてしまっていました。

今回Aさん宅でお話をしながら、
「もう一度ハーモニカを吹いてもらおう」と、お願いしました。
「ハーモニカきかせてください」
「吹けるかな。どこにあるやろか」と一緒に探しました。

見つかったハーモニカを持ちながら、
「何がいい?言ってみて」とAさん。
「何でもいいんですか? えーと『ふるさと』」と、リクエスト。
その場にいらっしゃった息子さんご夫妻は
「もう吹かれへんのんちゃうかな」
と1年以上ハーモニカから遠ざかっているAさんを見守っておられました。

Aさんは息を吹き込みながら最初の音を探し始められました。
そのうちに演奏がはじまり…
見事に『ふるさと』を最後まで吹いて下さいました!
息子さんご夫妻と一緒に感動しました。
鳥肌が立つくらいの感動です。

これだけの力を発揮していただく機会をつくっていなかったことに反省の連続でした。

ご利用日にはハーモニカを持ってきていただくことをお願いしました。

それからは、利用者の方のお誕生日会で『ハッピーバースデー』を演奏してくださるなど、
突然のリクエストにも応えてくださいました。

そして、いよいよ・・・。
ボランティアの方によるハーモニカ演奏会にも出演していただくことになりました。
「こういうことしてみたかったの」と、ボランティアのお二人からも快諾いただきました。
Aさんとの打ち合わせがはじまりました。
『ふるさと』『村祭り』『里の秋』『どんぐりころころ』と4曲が決定。
少しの練習期間でしたが、応援してくださる利用者の方がおられるなか、本番の日がやってきました。

ボランティアお二人の横にイスを並べると、
「そんなんかなんわ」と少し離れた端の方に座られました。

はじめにAさんの4曲がはじまります。
出だしはボランティアの方と一緒に、Aさんの音が安定してきたところでお一人での演奏になりました。

Aさんだけの演奏での大合唱は何ともいえないとっても素敵な時間でした。ハーモニカ

ボランティアの方からも「イキイキしてはったね」との感想があったくらい、自信をもって演奏されました。

皆さん、一人ひとり得意にしておられることがあるはず!
スタッフみんなで発掘し、イキイキ過ごされる時間を作っていきたいと思います。

追記)
しめ縄やわらじ作りの得意な方、尺八を長年習っていらした方が見つかりました。
活動内容は、また後日報告します。

by Nolilin

私事ですが、8月に長男が結婚しました。
私の親にとっては初孫の結婚式なので、とても楽しみにしていました。
ところが、今年の夏は猛暑で、83歳の父は夏バテでダウンしてしまいました。
式には母だけが出席すると言っていたのですが、父が
「ワシを置いていくんか―!」
と怒りだし、結局両親とも欠席となりました。
長男は
「秋には嫁さんを連れて挨拶に行くから、その時には元気になっててな」
と電話を入れてくれました。
そして、いよいよその約束の日、山口の実家に帰省してきました。
私たち夫婦・長男夫婦・次男夫婦と子ども・三男も仕事の都合をつけて
総勢8人の大所帯です。

母は前日からポテトサラダやレンコンの煮しめを作り、お寿司やお造り、
ピザまで注文して待っていてくれました。
お嫁さんの紹介と結婚の報告が終わり、昼前から大宴会!
結婚式のDVDを観ながら、あーだこーだと盛り上がり
その中を2才の孫がチョロチョロ走りまわっています。
「いつもは二人だけで静かなもんじゃけど、皆が集まるとにぎやかじゃのう」
と父。いつもの倍の焼酎を飲んでいます。

両親はここぞとばかりに同時にしゃべり出すので、聞く方も大変です。
何度も同じ話を繰り返す父に
「ええかげんにしんさい!」
と母が止めに入り、そのままケンカを始めてしまいまいした。

「あ~、みんなで来て楽しかった」
息子たちもビールをたらふく飲み、ごちそうをよばれ、ダウン寸前。

ひ孫のために父はピアノをポンポンと弾いてくれました。
母は息子たちが昔遊んだ犬のロボットを出してくれました。
ひ孫は身体いっぱいに喜びを表しました。

一日だけの大家族 ― こんなににぎやかで大変なんやなぁ

帰り際には父が号泣しはじめます。

「また、来(き)んさいよおおぉぉ…」
「待っちょるからのおおぉ…」
「皆、家族じゃからのおおぉ…」

嵐のように私たちが去ったあと、残された二人はいつもと変わらぬ静かな毎日を送るのでしょう。
『疲れさせてしまったかかなぁ… でも喜んでくれた』

子の成長、孫の成長、ひ孫を抱く喜び…
少しは親孝行できたかな?

ひいじいちゃんとピアノ

by HOT♡Y

プロフィール

水仙の家

Author:水仙の家
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】水仙の家

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

Copyright ©水仙の家. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。