FC2ブログ
最近妹から聞いた話です。

ある雨の日のこと、妹がついうっかりとカラスの雛を拾ってしまいました。
雨に濡れて、道路にベチャッと這いつくばっている一回り小さいカラスを発見!
一度は横目で見て通り過ぎたのですが、やっぱり見捨ててはおけずに
戻って拾ってしまったそうです。

法律では野生の鳥獣を許可なく捕獲や飼育をしてはいけないことになっています。
一時的な保護の後に放したとしても
 人慣れすることで危険な目に遭ったり
 室内での生活により野生環境下での体温調節がうまくできなくなっていたり

と、元の野生に戻りそこねる可能性は大きいようです。

“外敵に襲われる”“天候のせいで命を落とす”のも自然の摂理なので
人が手を出すのはやはり間違っているのです。

上記のようなことは、妹だって百も承知。
でも、見捨てることができないのは、私も妹もそういう実家で育ったからでしょうか。
うちの親も、弱ったスズメやドバトをしょっちゅう拾ってきては、元気になると外に放していました。
私は最近では鳥や動物を拾うことは滅多にないのですが、と一緒に出歩いていて
スズメとハムスター(野生ではない)を拾ってしまったことがありました。
これはどうも、妹が鳥寄せ体質だとしか言いようがありません。

くだんのカラスの話に戻ります。
拾ったはいいが
「これは助からんだろうな~」
と妹は思ったそうです。それくらい瀕死に見えたとのこと。
ダンボール箱に使い捨てカイロとタオルを敷いてカラスを横たえ、そっと蓋を閉めました。
「朝にはきっと死んでいるんだろうな・・・」
と思いながら。

朝になり『死んでるだろうなぁ、嫌だなぁ、怖いなぁ・・・』と恐る恐る蓋を開けてみると・・・
「カァ!」
と大きな鳴き声。体温の低下が防げた為か、思いのほか元気になっていました。
パンくずを与えると、パクパクガツガツと沢山食べたそうです。

元気になったからには、早々に退出を願いたいところです。
ベランダに出し、そっと様子をうかがっていると、どこから来たのか大きなカラスが電柱の上からこちらを見ていました。
この仔ガラスの親でしょうか、羽をバサバサ広げ「ギャア!ギャア!」と大きな声で鳴いているのです。

「この雰囲気、感謝されていない。どうやら威嚇されている」
と怯える妹。
のんきにチョコチョコとベランダを往復する仔ガラス。
バサバサギャアギャアする親ガラス。
緊張の数分間を経てやっと仔ガラスも親ガラスもどこかに飛び去っていきました。
めでたし、めでたし。のはずだったのですが・・・

それから数日後、妹が帰宅すると、ドアの前にレジ袋が絡まった哀れなカラスがちょこんと佇んでいたそうです。
一回り小さいカラス・・・ これはまさか、あの仔ガラスなのでしょうか?
そしてやはり近くには大きなカラスがバサバサギャアギャアです。

複雑に絡まっているため容易に外せず、仕方なく家に持ち込んで袋を外しました。
またベランダに出したところ、大きな方もベランダ側に移動してきてバサバサギャアギャア!
それから数日にわたり、家のドアを出ると必ず、大きなカラスにギャアギャア鳴かれる日々が続いていたとのことです。

もし同じカラスだったとしたら、妹が住んでいる部屋を覚えていたのでしょうか?!
袋が絡まったまま『ここの人やったら助けてくれるんちゃうか』と上ってきたとしたら、ちょっと心温まる気もします。

からす

“カラスって頭が良いんだなあ”と感心することしきりです。
一方で、つい最近私にもカラスとの接近遭遇が!
よく行くスーパーマーケットの駐輪場に自転車を停めていると、2つ隣の自転車の前カゴ辺りに黒い何かが動く気配。よく見ると、カラスが前カゴに止まり、中の物を引っ張り出そうとしています。おいしそうな物が入っていたのでしょうか。

「ダメダメ!シッシッ!」
と追い払うと、カラスはすぐ傍の街灯の上に止まり
「グギャア!」
みたいな声で鳴きながらこちらをじっと見ていました。

これは・・・ カラスに顔を覚えられてしまったかもしれません~
助けてもギャアギャア言われてしまう位ですから、ごはん獲得の邪魔をされては、さぞ恨んでいることでしょう。
しばらくは、買い物に行く時に心が休まらないヘルパーYukiなのです。

By Yuki

今年は利用者の皆さんと折り紙6枚を使っクリスマスリースを作りました。
初めはスタッフがリースを作り、飾りつけだけしていただこうと思っていましたが、
スタッフのAさんから
「自分で折ったリースに飾りつけをしてもらったら?」
とのアイディアが出ました。

皆さんに折っていただくには教えたり手伝ったりする「先生」が何人か必要なので、
折り紙上手なBさんに協力していただくべく前もって折り方を伝授しました。
熱心なBさんは、
「折ったことのない折り方が多く、家で折ろうと思ったけど分からなくなった、教えて欲しい」
と、利用日でない日に来所されるほど、しっかりと予習してくださり、
次の利用日には
「もう大丈夫、分かったで!」
と満面の笑みで言ってくださいました。

当日、好きな色の折り紙を2色選んでいただき、
利用者Bさん、ボランティアのCさん、スタッフが先生になりリース作り開始です。

利用者Dさん、最初は
「はい折ったよ、次はどうやって折るの?」と張り切って折っておられましたが、
1枚折り終わり、2枚目に突入すると
「あれ、どうやったっけ?折り方は難しくないのに覚えられへん」と
言いつつも、気がつけば最後の1枚!
「やっと覚えたころに終わりやなあ」と
おっしゃいました。

けれど、作業はこれで終わりではありません。
6枚折ったパーツを組み合わせてリースが完成するのです。
すると、
「これがリースになるの?」との声。
組み合わせ方をお伝えすると
「おー、なるほど!!」と。
皆さんできあがりを満足気に眺めておられました。

しかし、またもや、これで完成ではありません。
ボランティアのCさんが折ってきてくださったサンタやブーツなどをリースに飾って、やっと完成です。

20161223230959.jpg

皆さん、互いに完成品を見せ合って
「あんたの色、ええねえ」
「どこに飾る?」
「うまくできているかしら」
などなど、楽しまれていました。

by  スイート♡オレンジ

2016.12.16

自分の時間

今年もいろんな出会いと別れがありました。

利用者の方との関わりの中で私自身が気づかされることが多いです。
その中でも印象的だったできごとを紹介します。

今年の春に初めてお会いしたAさん。
これからの生活に不安を抱えておられ、気持ちに余裕がなく、
「どうしたらいいかわからない」「しんどい」と何度も相談に来られた。
ご自身のことよりも家族のためによく動いておられたので、私はAさんに
「ご自分の時間も大事にしてください。しんどいこともちゃんと伝えられた方がいいですよ」と話をした。

そしてAさんはデイサービスへ通うようになり、少しずつ自分の時間を持たれるようになった。
“ここは安心できる場所”そう思えるようになってこられたのか、定期的に利用されるようになった。すると、徐々に気持ちにゆとりが出てこられたように感じた。

ある時、Aさんは私に
「神経を使う仕事やと思うし、体は大事にしなあかんで」 と言ってくださった。

その言葉に私はハッと思い自分自身を見つめ直した。
時間に追われる毎日・・・
このままではダメだなぁ・・・
Aさんのように自分の時間を持たないとなぁと。

“みなさんは自分の時間を大切にしていますか?”

あわただしい年の瀬。
ゆっくりする時間が持てない方も多いとは思いますが、
時には休憩も必要ですよ。 
自分を見つめる時間も持ってはどうでしょうか?

自分の時間

来年はどんな一年になるでしょうか?

by ひつじがいっぴき

2016.12.09

愛犬ミルキー

私ごとですが、先月8歳を迎えた雄のチワワを飼っています。
名前はミルキーといいます。
生後1ヶ月半経った頃、いとこの知り合いからタダでもらいました。
タダ犬のミルキーの名前の由来は、白い毛に薄い茶が混ざっていてキャラメル色で
当時2歳の甥が不二家のミルキーが大好きだったことからその名がつきました。
初めて飼う犬だったのでしつけ等何かと大変でした。

しつけの中で一番苦労しているのが吠え癖…。
他のしつけはクリアしていても現在までクリアできない吠え癖。
知らない人や人の声、チャイムの音、犬や猫、花火の音に吠えます。
遅いと思いながら最近しつけ教室としてトレーナーによる訓練を受けています。
主には、吠えたら首輪につけているリード(ヒモ)をゆるめて
思いっきり斜め下に引くといった訓練。
他にもいくつか方法はあります。
最初は効果があるのか不安でしたが、少しずつ吠え癖がなくなりつつあります。
可愛いからと甘やかしてはいないつもりでいましたが、もう少し小さい頃からしっかりとしつけをしていればと反省している飼い主です。
吠え癖が酷くて困っている犬を飼っている方は、上記の訓練方法をぜひ試してください(笑)。



by ミルキー

9月のヘルパー研修時、新しい試みとしてロールプレイに挑戦しました。
テーマは“利用者への接し方”です。

初めてロールプレイをしていただくので、
よく相談を受ける “ちょっと対応に困っちゃう”ケースを選び、
あらかじめアンケートを作り、対応を記入していただきました。

たとえば・・・

利用者はお食事中。ベッドに端座位で座り、目の前にテーブルを置いている。
テーブルの上に食事とお茶、おしぼりが配膳されている。室内移動は杖を使うが、
転倒の危険あり。ヘルパーは目の前のベランダで洗濯物を干していて、手が離しにくい。
サービス時間の終了も迫っている。


という場面で利用者さんが

  「ヘルパーさ~ん、冷たいお水持ってきて」
  「タオル持ってきてほしいんだけど」


あげくは
  「さびしいから洗濯物なんかほっといて、そばに来て話を聞いて」
と、言われるとヘルパーはどうしたらいいか?   などなど

「こんなん無理やわ!」「難しい!」
と、すこ~し非難の視線をいただきながらも、さすが真面目な水仙の家のヘルパーさん
無理難題な宿題に、びっしり書き込んで下さいました。

さて、当日!
研修企画者の心配を吹き飛ばすように、女優の皆さんはのりのり・・・
「座ったままでいいですよ~」との声かけにもかかわらず
立ち上がって、洗濯物を干すゼスチャーを始めるAヘルパーさん
高校時代、演劇部でならしてました???
利用者役の肩をなでて慰めてくださるBヘルパーさん
   迫真の慰めに心が動きます!

はいはい 冷たい水ですよ~
<「はい、冷たいお水ですよ~」>

デイサービスに行くのに「パジャマのままが良い!」
と、おっしゃるケースのロールプレイでは
「『そのままでいいよ』と送り出しますよ~」というベテランCさんのことばに、
目からウロコ
「さすがの神対応!」と絶賛の声があがりました。
ついつい『ヘルパーが入っているのに着替えさせないなんて…』ということばを
気にしてしまいがちな現状に対し、本人主体の基本を見せていただきました。

話し合い
<互いに意見や感想を出し合います>

ロールプレイは参加者みんなが楽しんだうえ、若手のヘルパーさんからは
「先輩のお手本が見られた!」と喜んでもらえ、大成功のうちに終了できました。
ほんっとに! 皆さん、女優!

次回も!のリクエストの声も多数あり、企画がんばります。

次にロールプレイをした時は、動画を載せてみたいと思います。
乞うご期待!

by Kei

プロフィール

水仙の家

Author:水仙の家
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】水仙の家

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

Copyright ©水仙の家. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.