FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマホも、読書も、しない私にとって、朝の通勤電車は退屈なもので、目的の駅に着くまで寝るのもいいが、私は寝られない。
その為か、どうしても人を見てしまう。人間観察である。
おしゃれに言えば人間ウォッチングかな。

ある日の電車内で若い女性がお化粧をするのを、ウォッチング!!
近頃あまり珍しい光景ではないが、この間のお化粧する姿は、皆さんの想像を越えていると思われる。

まず、その女性はスッピンで立っている。
立位姿勢でおもむろに手のひらサイズの鏡を取り出し、まず、下地クリームを器用に塗り、その後ファンデーション、その間電車はかなりの揺れを伴うが……。

全く動じずファンデーション完成。
座ってても、描きにくい眉毛も寸分の狂いもなく堂々完成。
眉毛を描くと、人の顔はかなり変化するもので、あのスッピンの女性はどこ?って感じになっている。


私が一番驚いたというか、尊敬してしまったのが、ビューラーである。
周りを全く気にすることなくビューラーを使い、まつ毛を上げその後のマスカラをつけるまでの、早わざ!!

電車の揺れで、マスカラを他に付けることなく(手元狂わず)お目目パッチリ、最後にほお紅、口紅で、かなりの美人が出来上がった。


到着までに完成して良かったね


心の中で拍手を送った。



densya_kesyou22.jpg


by中田マキ
スポンサーサイト

先日、3才になる孫と海遊館へ行ってきました。
初めてのパパ・ママ抜きのお出かけです。

「行かないよー」って言わないかな~
途中で泣き出したりしないかな~


など、不安を抱えつつお迎えに行くと
玄関から飛び出さんばかりの勢いで待っていました。
「おはよう」とあいさつするやいなや
「いってきま――すっ!」
パパもママもあ然として
「このテンションで大丈夫なんかなぁ」と不安気味・・・
大好きなバスと電車を乗り継いで、いざ海遊館へ!!

「おサカナさん、いっぱいいるかなー」
「カニさん、いるかなー」


最近覚えた言葉を何度も繰り返し、ワクワクしながら館内に入ると・・・
暗い・・・
「抱っこ~」人が大勢で迷子にならないように
「抱っこ~」主人と交代で何度も抱きかかえながら人をかき分けて大きな水槽の前へ。
見たこともない大きなサカナたちがうようよ泳いでいます。

海遊館2


「こわい、こわい~~~~!」
と、しがみついてちゃんと見ることができません。
「このおサカナは食べられない――――!!」
と、半ベそをかいてしまいました
(そりゃあ、いつも食べているお魚の何百倍も大きいですからね・・・)

その後もあっちこっちに振り廻されながら楽しい時間は過ぎて行きました。

孫は一度だけ
「パパとママは?」と私たちに聞きましたが
「パパとママはお仕事なの」と伝えると
「うん、お仕事行ってるの」と。
何だか胸がキュンとなり、愛しくて愛しくてたまらなくなりました。
「パパとママにおみやげ買って帰ろうね」

帰りの電車では、さすがに疲れて寝てしまいました。

家に到着すると、一目散にママに抱きついて、こちらを振り向き思いっきりの
「バイバ――イ!!」
じぃじばぁばってこんな役割なのね・・・
孫との楽しい1日をすごさせてくれた息子と嫁に感謝です。

次はどこに行こうかな~? 何しようかな~?
筋肉痛の腕をさすりながら、企んでいる今日この頃です。

Img_096522.jpg

by HOT♡Y

2017.07.07

七夕

七夕は「たなばた」または「しちせき」とも読み、古くから行なわれている日本のお祭り行事です。

また、一年間の重要な節句をあらわす五節句のひとつにも数えられています。
毎年7月7日の夜に、願いごとを書いた色とりどりの短冊や飾りを笹の葉につるし、
星にお祈りをする習慣が今も残ります。


私もこどもの頃に、たくさんの短冊をつるして、織姫と彦星にお願いごとをしたのを今でも覚えています。

「ケーキ屋さんになりたい」
「お父さんとお母さんの言うことをちゃんと聞く」
「お金が貯まりますように」
など懐かしい願いごとがたくさん。

しかし…
ケーキ屋さんになっていなければ、お金も貯まっていない…。(笑)
『お父さんとお母さんの言うことをちゃんと聞く』については、皆さんのご想像にお任せします。(笑)

水仙の家では、今週七夕週間を設け、
利用者さん一人一人の思いを書いた短冊を笹につるし、お願いごとをしています。

「これからも元気に水仙に通えますように」
「家族全員が健康でありますように」
「ひ孫が早く大きくなりますように」
等と言ったお願いごとや

「固くないステーキが食べられますように」
「星の数だけ幸せになりますように」
といったものまで…。

皆さんのお願いごとが叶いますように。


私自身のお願いごとは…
「利用者さん全員が、これからも元気で水仙の家で楽しく過ごせますように」


お星様~っ!宜しくお願いします!!!


たなばた2


byミルキー

プロフィール

水仙の家

Author:水仙の家
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】水仙の家

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

Copyright ©水仙の家. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。