FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ある日の送迎の車中のことです。


「Aさんの家の近くまで帰ってきましたが、道わかりますか?」とお聞きしたら、
「さぁ、どうだか・・・わかるようでわからなくて、だめですね。
この頃の私はだんだんとだめです。」と、ふっと淋しげな目をされました。


私は、「車は動いてスピードがあるので、車内からではわかりにくいですね」と言いつつ、
何か楽しいお話しに切り替えないと、と思いました。



バレンタインデーの時期だったので、Aさんの恋のお話を聞くことにしました。

「お若い頃、お好きな方との思い出はありますか?」とおたずねすると、

「私は好きな人よりバレーボールが大好きでした。」

とニッコリ笑顔。



以前、学生の頃はおてんばでバレーボールばかりの日々だったお話はお伺いしていましたので、
日々の中で今もその面影がありました。


歌を歌えばしっかり手で拍子をとられ、レクリェーションは静かでいながらいつも闘志を持っていらっしゃいます。


風船バレーは特に「ソレー!ソレー!」と、とってもお元気です。




「Aさん、とっても活発でステキですよ。」とお話ししたら

「私はいつも何でも頑張らなきゃと思ってやっていますよ。」と噛みしめるようにおっしゃいました。


とても心に響いたお言葉でした。


スタッフの声かけや介助に「ありがとう、ありがとう」と言ってくださいますが、
ままならない身体、淋しさ、歯がゆさを抱えていらっしゃることを思い、胸がジーっと熱くなりました。


kurumaisu_obaasan[1]



By Peach
スポンサーサイト

プロフィール

水仙の家

Author:水仙の家
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】水仙の家

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

Copyright ©水仙の家. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。