FC2ブログ
先日実家から困惑気味の電話がかかってきました。
「A市の警察署から落し物のお知らせ葉書が届いている」と…
私は確かにA市に住んでいた事がありますが、それは平成元年から7年までの事。
今の住所に引っ越してから、はや20年以上経っているのにどういう事?

母に葉書を読んでもらうと、落し物は「免許証」との事です。
慌てて財布を確認すると、運転免許証はちゃんと有りました。
しかし心当たりが無いわけではありません。

これはきっと、アレに違いない・・・

私がまだ独身の頃に持っていた原付の免許証。
それならば実家の住所に旧姓で郵送されたのも得心がいきます。
しかしアレは自動車の免許を取得したので必要が無くなり、更新もせず放置した覚えがありますが、その後はどこにどう置いていたのか全く記憶にございません。

と、首をひねっていても何も始まらないのでA市の警察署に電話で問い合わせる事にしました。
 
「拾得物の問い合せなのですが・・・」
「整理番号をお知らせください」
「あっ!聞き忘れました。でも、最近、かなり昔の免許証が届いていませんでしたか?」
「あぁ~ ありました!ありました! 確かに!」

電話のお声からは何となく嬉しそうな雰囲気が感じられます。

「もう、それ、処分しちゃってください。とっくに期限切れですよね。」
「そうですか・・・一応規定に従って保管期限を過ぎてから処分いたしますが、もし気が変わったら取りに来てくださいね。」

と、一度はこの件を闇にほうむってしまおうと決めたのですが、やはりなんとなくモヤモヤとした気持ちが湧きあがってきたので、腹を決めて警察署に出向く事にいたしました。

実家から回収したお知らせ葉書を手に窓口に向かいます。

「あっ!やっぱり取りに来られたんですね!」(やや苦笑しておられます)
「はい・・・気が変わりまして・・・」
手渡されたそれは、やはり間違いなくアレでした。

免許証2

拾得時の情報を尋ねましたところ、とあるご家庭の台所改修工事中に発見されたとの事です。そ
れはきっと、以前に住んでいたあのアパート。

大家さん、最近リフォームされたのですね!
今もまだ、あの場所にあのアパートは建っているのですね!


しみじみと感慨にふけりつつも、ぼんやりとこの事件の真相が見えてまいりました。
二人のこどものうちのどちらかが、おもちゃにしているうちに台所シンクの隙間に
スイッと差し込んでしまったのでしょう。

20年以上もあの場所で・・・
タイムカプセルと化したシンクの下で私を待っていてくれたのかい?
可哀想に・・・
これはもういっその事、「無事帰る」のお守りとして大事にしてあげようと思います。


持ち帰って、意気揚々と家族に見せびらかしたところ、息子が
「オカンこれ・・・」
と震える指で指し示したのは、若かりし頃の私の写真ではなく


強調


「昭和65年まだ来てないやん。というか永遠に来ないやん。
永久に有効やで!」


そんな事は思いつきませんでしたよ!

by Yuki

プロフィール

水仙の家

Author:水仙の家
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】水仙の家

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

Copyright ©水仙の家. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.