FC2ブログ
水仙の家では、職場体験で毎年学生が訪れます。
先日も中学生が2名、やってきました!

利用者さんの最高齢100歳との年齢差は、なんと…86歳!
(すごーい!わ、若―い…)

まずは自己紹介。
○○中学校の○○です、から始まり、
その後は利用者さんからの質問にいろいろと答えてもらいました。

「将来の夢は?」という質問に
一人は「ゲームクリエイターです。」と答えると
皆さん、
目が???(はてな)に…
何?それ?クリエイターって???

「えーと、ゲームを考えて作ったりします。」
んーーー説明は難しい… よく分からないでしょうね
やはり最後まで分からなかったようです。

もう一人は「病院の先生になりたいです~。」
(あっ要するにお医者さんね)
これは分かったようです。

彼女が医師になるまで、あと10年ほどは必要ですね。
元気な100歳の方に、「あと10年ちょっと待っててくださいね」
とスタッフが話すと、
「そんなには待てんわー、ムリじゃー。」
と大爆笑でした。

目の悪い祖父の助けになりたいという理由から、眼科希望とのこと。
(や★さ★し★い)

二人とも緊張しながらも、自分の言葉でしっかり伝えてくれました。
お茶や昼食を配るお手伝いをしてもらったり、
午後からは実習生の二人に何か得意なことを披露してもらいました。


今回男の子の方は「スポーツは得意ではないけれど…」と言いつつも
縄跳びに挑戦してくれました。

二重跳び、クロス跳び…失敗しても再チャレンジ!
そして再々チャレンジ!!なんと!!!


皆さんは温かい目で見守り続けてくださいました。
終わると汗だく!直後に水筒のお茶をガブ飲みしてました(笑)

女の子は、自分で曲を持参して歌を唄ってくれました。

彼女は今日のために何をしようか迷ったので、祖父母に相談したら
小田和正さんの『たしかなこと』がいいと思うとアドバイスを受けたようです。
(中学生の祖父母はやはり若い!!)

愛しい人を守り続ける思いを唄った歌詞と、美しい天使の歌声は、
皆さんがあまり知らない歌でしたが、全員の心に染みました。


その後のゲームも、一緒に楽しく盛り上がり、利用者さんからそれぞれ
「ありがとう」
「頑張ってやー」
「また、来てや」
など、温かい声をいっぱいかけていただきました。

二日間を終えた感想を聞いてみると、
「とても楽しかったです。」
「いろいろ学べました。」
とそれぞれの思いを語ってくれました。

お疲れさま。そしてありがとう。

利用者の方達が生きてきた時代とは違う大変さがあると思いますが、
これからもたくさんの出会いをして、ステキな大人になってくださいね

school_blazer_couple[1]



By あずき

プロフィール

水仙の家

Author:水仙の家
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】水仙の家

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

Copyright ©水仙の家. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.