FC2ブログ
ヘルパー責任者から自宅の携帯にメールが届いた。  携帯
  
「こんばんはー!」
「連絡ください!」


電話すると、利用者のAさんが救急搬送されたということであった。
私は、電車で病院に行こうかと思ったが、最終電車がなくなる時間帯であったため、
車で駆けつけることにした。

「Aさん大丈夫だろうか?」

おもわず、車のアクセルを強く踏んでいた。

車
1時間後、病院に着く。
夜間診療であったため、病院内は閑散とし、静まり返っていた。

到着すると、ちょうどストレッチャーでAさんが、病室に移動するところ。

ベッド

ヘルパー責任者から、今までの経過を聞く。

他のヘルパー事業所からSOSの電話があり、自宅に駆けつけたこと。
救急の手配をし、その後、何時間も一緒に付き添ってくださったこと。
Aさんが入院することになったこと。

病室に行くと、Aさんは、ベッドで点滴をしておられた。
私を見つけると手招きで呼んでくださり、手をぎゅっと握ってくださった。

まず、第一声は・・・ Aさん

「ここは どこ?」

○○病院ですよ。と言うと、すこしほっとされた顔をされた。
「お身体の状態が良くないので、入院して、治療していただきましょうね」
「大変でしたね。今日は、ここでゆっくりやすんでくださいね」
Aさんは、うなずいて目をつむってくださった。

その後、私は、ヘルパー責任者を水仙の家まで送っていく。

車の中では「入院させてもらってよかった」とほっとしていた。

水仙の家に帰ると、施設長と主任とが、事務所から出迎えてくださった。

「どうだった?」 施設長

「だいじょうぶ?」   主任

こんな時間まで待っていてくださったのかと、とても驚いた。
施設長、主任、ヘルパー責任者、みんなAさんのことを心配してくださっていた。


帰り道・・・夜空の星を見ながら、 星

「みなさん、ありがとう 一人では何もできなかった」
感謝しながら家路についた・・・


by 手品師ふーみん

プロフィール

水仙の家

Author:水仙の家
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】水仙の家

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

Copyright ©水仙の家. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad