FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕にはまだ祖父祖母がいる。
小さいころは
お世辞にも仲が良いとは言えない。いやむしろ嫌いだった。

特に祖母は、孫はきらいと言わんばかりの対応だった。
僕は物心ついたころから甘いものは嫌いだったが、まんじゅうやチョコレートなど食べさせた。
ミカンなどは、腐るから食べろと、日に10個以上食べさせられた。
断ると「どの口が言う」と頬をつねられた。

また、小学生のころ夜中に来て、僕の部屋の明かりを外からチェックし、
兄妹は電気が点いているのに、○○(ハーブ王子)は電気が消えていると、
通う小学校に来て担任に
「うちの孫は馬鹿ですか?」と聞きにきたりもした。

挙げればきりがないほど。

そんな祖母も認知症になり、施設に入ることになった。
面会に行くと、僕の存在だけが消えていた。私の孫は2人だけだと言う。
(祖父と祖母には2人の子ども(父と妹)がいるが、妹の方は子宝に恵まれなかった)
兄妹のことはしっかりと覚えている。
昔の面影は微塵もなく、口数はめっきりなくなり、ほぼニコニコと微笑んでいるだけとなった。

祖父からいろいろと福祉用具や介護プランについて相談されることがあった。
その時に、僕がミカンを川に捨てていたことや、料理がまずいと食べなかったことなど
聞かされた(ミカンのこと以外、記憶がないのである)。
また、祖母や祖父がオレオレ詐欺にあった話など聞かされた。
僕が、祖父や祖母と話したのは、中学生の時までさかのぼる。
僕が前の職場で働いていた時、○○だけど・・と電話があったそうだ。
(名前の漢字の読み方が違っていたのだが)

その人は約3週間毎日電話で話を聞いてくれたそうだ。
最後の日にお金に困っていると相談されたそうだ。
お金を振り込むとぱったり連絡が途絶え、
祖父が心配して、更に(勝手に)振り込もうとすると
“口座がない”とのことで、父に相談しにきて発覚。

祖父や祖母も父や妹にさんざん嫌味を言われたそうだ。
そんな事件があったことさえ、僕は知らなかった。

今となっては、想像でしか話すことはできないが、祖母の料理を毛嫌いし、
祖父の作ったミカンを川にどんどん捨て、素行などが不安になり
小学校担任に聞いたのかな?と思う。
川

そんな孫が社会人になり、困り果て頼ってきたと思ったら詐欺だった。

祖母じゃなくても、記憶から抹消したい存在だな・・と思った。

介護職に進んで、祖父や祖母と向き合えるようになり、会話も多くなった。
祖父も大阪まで遊びに来るようにもなった。

祖父は93歳だけど、すごく元気で、AKB48のコンサートに行ったりしている。
(祖父の農園にまゆゆが来て、応援よろしくと言われたそうだ)
一緒に行く時間はすごく恥ずかしいが、活き活きと踊って歌う祖父を見て
少しだけ報われた気がした。

祖父母


ハーブ王子



プロフィール

水仙の家

Author:水仙の家
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】水仙の家

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

Copyright ©水仙の家. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。