FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.06.25

馴れ合い

水仙の家に来てから3年が経過しました。

先日、仲良くさせていただいている男性利用者Aさんから
僕に話があると伝えていただき、昼食後にじっくり
話す時間を作りました。

普段からも、僕には話を聞いて欲しい、担当者会議には出て欲しい。
時には、僕の歌を聞くと長生きするので歌って欲しい。
岡田准一にそっくり、などおっしゃってくださいます。

いろいろなことに興味をもつAさん。
スタッフがピアノを弾くとピアノを習いたい。
マジックショーをやると、教えて欲しい。やってみたい。
パソコンを教えて欲しい。
スケッチブックに字を書いて欲しい。
などなど…。
その都度、しばらくは対応するのですが、
ひとたび間隔があくと、そのまま疎かになってしまっていました。

どれも中途半端で終わってしまっているのです。

さらに、僕の動きが、より重度の利用者への介護や、Aさん以外の方との会話へと
流れていっても、“Aさんは大丈夫”と思い込んで接していました。

Aさんはそれらの不満が爆発し、打ち明けてくださったのでしょう。

Aさんは淋しいのだと思いました。

Aさんに僕は
「ごめんなさい。Aさんの想いを大切にしていませんでした。
Aさんが僕を信頼してくれているのに、甘えていましたね」
と少し涙ぐんで話していました。


時折、利用者さんから
「スタッフの誰それが話してくれない」
「楽しそうな話をあっちだけでしているね」
などと言われることがあります。

全員に平等に話しかける…、
本当に難しいなあとおもいます。

Aさんが今一番したいことは、Aさんご自身の想いを僕が聞き、
スケッチブックに代筆すること。
他の利用者さんが帰られてから、そのひと時を過ごしました。

「ありがとう」とAさんは満面の笑顔で、周りのスタッフにも
「書いてもらった」と見せて回られました。

声を出してくださったAさん。
本当にありがとうございました。
声を出せない方もいると思うので、
今後はもっと利用者さんと向き合っていきたいと思うできごとでした。

s_photo_00128.jpg

by ハーブ王子

プロフィール

水仙の家

Author:水仙の家
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】水仙の家

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

Copyright ©水仙の家. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。