FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.11.11

「才能発掘」

1ヶ月ほど前、Aさんの家を訪問した時のこと。
お若い頃の話を聞かせてくださいました。
幼少のころのことまで。
Aさんのご両親が営まれていた食堂に大学生がよく通い、
「チビ、チビ」
とかわいがられ、ハーモニカを教えてもらったり、音楽会に連れて行ってもらったりしたそうで、とても懐かしそうに話されました。

そのことからか音楽がお好きで、水仙の家を利用されたのもボランティアの方によるハーモニカ演奏会がきっかけでした。
2年ほど前、水仙の家に来られるようになったころ、
「ハーモニカ教えて下さい!」とのお願いに
「我流やけどね」とおっしゃりながら演奏してくださいました。

次第にデイサービスでの生活に慣れてくださり、同席の方とも馴染みになりおしゃべりを楽しまれ・・・私の中でハーモニカのことが遠のいてしまっていました。

今回Aさん宅でお話をしながら、
「もう一度ハーモニカを吹いてもらおう」と、お願いしました。
「ハーモニカきかせてください」
「吹けるかな。どこにあるやろか」と一緒に探しました。

見つかったハーモニカを持ちながら、
「何がいい?言ってみて」とAさん。
「何でもいいんですか? えーと『ふるさと』」と、リクエスト。
その場にいらっしゃった息子さんご夫妻は
「もう吹かれへんのんちゃうかな」
と1年以上ハーモニカから遠ざかっているAさんを見守っておられました。

Aさんは息を吹き込みながら最初の音を探し始められました。
そのうちに演奏がはじまり…
見事に『ふるさと』を最後まで吹いて下さいました!
息子さんご夫妻と一緒に感動しました。
鳥肌が立つくらいの感動です。

これだけの力を発揮していただく機会をつくっていなかったことに反省の連続でした。

ご利用日にはハーモニカを持ってきていただくことをお願いしました。

それからは、利用者の方のお誕生日会で『ハッピーバースデー』を演奏してくださるなど、
突然のリクエストにも応えてくださいました。

そして、いよいよ・・・。
ボランティアの方によるハーモニカ演奏会にも出演していただくことになりました。
「こういうことしてみたかったの」と、ボランティアのお二人からも快諾いただきました。
Aさんとの打ち合わせがはじまりました。
『ふるさと』『村祭り』『里の秋』『どんぐりころころ』と4曲が決定。
少しの練習期間でしたが、応援してくださる利用者の方がおられるなか、本番の日がやってきました。

ボランティアお二人の横にイスを並べると、
「そんなんかなんわ」と少し離れた端の方に座られました。

はじめにAさんの4曲がはじまります。
出だしはボランティアの方と一緒に、Aさんの音が安定してきたところでお一人での演奏になりました。

Aさんだけの演奏での大合唱は何ともいえないとっても素敵な時間でした。ハーモニカ

ボランティアの方からも「イキイキしてはったね」との感想があったくらい、自信をもって演奏されました。

皆さん、一人ひとり得意にしておられることがあるはず!
スタッフみんなで発掘し、イキイキ過ごされる時間を作っていきたいと思います。

追記)
しめ縄やわらじ作りの得意な方、尺八を長年習っていらした方が見つかりました。
活動内容は、また後日報告します。

by Nolilin

プロフィール

水仙の家

Author:水仙の家
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】水仙の家

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

Copyright ©水仙の家. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。