FC2ブログ
今年のお正月も、
「あけましておめでとうございます」というご挨拶を幾度となく交わした。
この「おめでとう」ということば、子どものころは
「なぜ、年が明けるとめでたいのだろうか」と素朴な疑問を抱いたものだ。

最近になってふと思うのは、
「新たな年もすばらしいものでありますように」
という意味が含まれているのではないかということ。

学生時代、日本古来の考え方である「言霊」について聞いたことがある。
言霊(ことだま)とは、ことばに宿ると信じられた霊的な力のことで、
発したことばどおりの結果を現す力があるとされている。

多少乱暴な言い方になるが、
「幸せでありたい」と願うなら「幸せだ」と言ってしまうということである。

歳を重ねるにしたがい、「めでたいものであって欲しい」という願いを込めて
「おめでとう」と挨拶をするという解釈の方がしっくりとくるようになってきた。
すばらしい年になるかどうかは自分次第、という自戒も含めて。

2梅
<丹波で選定した梅の枝 ほんのりと春の香>

by Tam

プロフィール

水仙の家

Author:水仙の家
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】水仙の家

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

Copyright ©水仙の家. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad