FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.05.12

魔法の粉

水仙の家に来てから、コーヒーを飲む機会が多くなり、自分が淹れることもしばしば。
「美味しいコーヒーを入れてみたい!」 と思うようになり、
テレビでやっていた“濱コーヒー”にてコーヒーの淹れ方を勉強することにしました。
コーヒーの歴史から、種類などを勉強するうちに面白くなり、
また、コーヒーバリスタJBA・カフェラテアートにも目覚め、他にも3店舗の有名店で勉強させていただいています。
1.jpg1.jpg

水仙の家で、コーヒーの焙煎から挽き、ドリップやサイフォンを使い、利用者の皆さんに味見していただいています。
初めの頃は、不慣れな手つきで入れるコーヒーに「遅い」「ほんまに大丈夫~?」など、半信半疑でしたが、何度か講習に行き勉強するにつれ、「いい香り」「コーヒー楽しみにしている」「普段だと紅茶しか飲まないけど、あんたのは美味しい」「今度はいつ?」と楽しみにしてくださるようになりました。
この「コーヒータイム」は、ゆったりとした時間を過ごしたり、会話が弾んだりするなど、ストレス解消にも一役買っているようです。

また、ブラジルの卸業者(コーヒー有名店さんからの紹介業者)から
生豆の注文をする時もワクワクドキドキ
Tomar o café em grão! (コーヒー豆ください)から始まり、
Qual é o melhor feijão? (今のおすすめの豆は?)
Dosagem é? (飲み方は?)など
こちらからは不慣れなポルトガル語、向こうからは片言の日本語で
会話も楽しめています。
日本は、全世界のコーヒー生産量のうち10%を輸入していますので、
どの農場にも多少の日本語ができる方がおられて安心です。
当代一のコーヒー通、文豪バルザックの話なども聞かせていただいています。
コーヒーに塩を入れる飲み方が現地では流行っているそうです。
“まるでまったく違う豆で淹れたコーヒーを飲んでいるようにおいしいよ”
“オリジナルの苦味はそのままに、ミルクを入れたようなまろやかさと、決してイヤミじゃない酸味が加わる。味が「立体的」になるよ”とつい最近教えてもらいました。
まったく、バルザックさんや立体的という意味がさっぱりですが(笑)
ぜひ今度、試飲してみたいと思っています。

コーヒー豆というものは種子であり、果実はイチジクの味、舌感はさくらんぼに似ているんです。
0.jpg

初めて試す豆はどんな味だろうか?など、
小さい豆ですが、いろいろな楽しみを与えてくれる魔法のようなコーヒー
これからも煎って挽いて多くの方に楽しんでいただけたらと思っています。
4.jpg


ハーブ王子

プロフィール

水仙の家

Author:水仙の家
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】水仙の家

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

Copyright ©水仙の家. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。