FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これを書いている時点で8月も既に終わりかけています。
受験生の次男坊は、夏休みの間も
やれ塾の夏期講習、登校日、オープンキャンパス巡りと忙しかったようで、
「夏休み?何ですかそれ?」
と、遠い目をしてつぶやいています。

でも・・・
「なんで夏休みすぐ終わってしまうん?」
と、まるで小学生のように嘆き悲しんでいるのは
もう半世紀くらい生きているヘルパーYukiです。

何故こんなに夏休みの終わりが悲しいのかと言うと、夏休みの間だけ放送されている、
とあるラジオ番組が終わってしまうからです。
その番組とは
「NHK夏休み子ども科学電話相談」!
子ども達の疑問に様々な分野の専門家が答えてくださる番組なのです。

「どうしてこの質問をしようと思ったの?」との質問から始まります。
子どもたちの動機は、実体験や観察からの疑問・図鑑や本で見た
と様々なのですが、その着眼点には感心します。

中には昆虫や恐竜にとても詳しく、先生方と互角に語り合える子もいて驚かされます。緊張しているお子さんは、受話器に近すぎて鼻息がフーフー聞こえてきたり(笑)
学齢の低い子どもさんには、なるべく難しい言葉を使わず頑張って説明される先生方にもほっこりさせられます。
とにかく面白い番組なんですよ!

そして私は長~い夏休みを頂いて、“毎日ラジオ三昧!”
ということはなく、ほぼ平常運転でした・・・
日中に聴く事はできませんでしたが、インターネットラジオで聴き逃し配信も聴けますし、夜にHPを読んで楽しんでおりました。

実はこの放送、1984年から続いているのです。今、私がこんなに注目するようになったのは数年前、Aさんのお宅を訪問するようになってからです。
Aさんは毎日ラジオを聴いておられます。サービスに入らせていただく時間が、丁度放送時間と被っているため、Aさんの担当となった初めての夏に、可愛らしい子どもの質問の声が偶然耳に入ってきた、というわけです。

それ以来、掃除機をかける間はラジオを止めてしまいますし、ヘルパーは家の内外を動き回りますので、断片的にしか聴こえませんが、Aさんのお宅でこの放送を聴く事が、毎年夏のお楽しみ恒例行事になっています。

今年の夏はもう終わってしまうのですが、来年の夏も、またAさんのお宅でこの放送を聞ける事を楽しみにして、ひそやかな虫の音を聞きながら、次の季節にバトンタッチ、なのです。

夏休み

By Yuki

プロフィール

水仙の家

Author:水仙の家
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】水仙の家

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

リンク

Copyright ©水仙の家. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。